次のページ>

諸行無常日記 2008-12-31

本望

「ほ」で始まることば、「本望」で。

ついに大晦日。

今年、元旦から始めたこのブログ「諸行無常日記」も今日で終わりにしたいと思います。

「あ」から順に、「ん」まで、「あ」なら「雨」とか「アジア」とか、その日の頭文字にあたる適当な言葉に関するショートエッセイを1年間ですから、約350編ほど日記という形で書き続けてきました。

不規則な生活が常な自分が、ほぼ毎日書き続けることができて「本望」です。

読んで頂いた皆さんに心から感謝いたします。

ありがとうございました!

良いお年をお迎えください!!


小原啓渡

諸行無常日記 2008-12-30

平成

「へ」、「平成」で。

間もなく「平成」20年が終わります。

平成元年に生まれた長男が20歳、成人です。
平成10年にスタートさせた「アートコンプレックス1928」が10周年を迎えます。

考えてみると、この20年(特にこの10年)、仕事においてもプライベートにおいても、数々の変化がありました。

「アートコンプレックス1928」の立ち上げを機に、フリーの照明技術者からプロデューサーに転向、その後、京都から大阪へ活動エリアを広げ、まず福島にサロンをオープン、名村造船所跡地(C.C.O)のアートスペース化に着手、指定管理者として芸術創造館の運営を開始、昨年は「AIR大阪」を始めました。

この間、施設運営の他、「コンテンツファンド」の創設や「三条あかりけしき」、経産省からの委託事業や「ワークショップフェスティバル・DOORS」等、数々の自主企画を続けてきました。

休日という言葉とも縁遠く、馬車馬のごとく働き続けてきましたが、一人でやれる仕事量ではありません。
やはり、これだけの仕事をやれたのは、何といってもスタッフのみんなの力だと思います。

10年前、20代前半だったスタッフも、今は30代半ばとなり、技術、経験共にプロとしての実力をつけてきました。
会社としてのベースも出来てきたのではないかと思います。

来年からは、このベースの上に何を築いていくのか、新しい10年の始まりです。

最高のチームとして、社会的にも価値ある仕事をしていきたいと思っています。


小原啓渡

諸行無常日記 2008-12-29

不況

「ふ」、「不況」で。

世界同時「不況」が進行しています。
実際、一経営者としても全く先の見えない時代に入ってきたことを感じます。

ほんの数か月前、2兆円を超える経営黒字を出していたトヨタが一挙赤字に転落した事実は、ものづくり国家として成長を続けてきた日本経済全体にとっても大きな衝撃でした。

ガルブレイスが1978年に書いた「不確実性の時代」が、ちょうど30年を経過した今、皮肉にも確実なものとなった気がします。
ガルブレイスは、それまで疑われることのなかった前提、すなわち物質生産の持続的増大が経済的・社会的健全性の証である、とする考えに対して疑問を投げかけ、最初の脱物質主義者の一人と考えられている経済学者です。

暗闇の中に置かれたとき、究極の選択肢は二つです.。

じっと動かず他力本願に任せるか(いつか夜が明ける、誰かが何とかしてくれる‥)、視覚に頼らずそれ以外の感覚、聴覚や臭覚や触角、あるいは勘を頼りに出口を模索するか・・・。

ただ問題なのは、その期間がどれほど続くか分からない状態で、じっと動かず夜が明けるまで耐えれるだけの体力を備えた企業は少ないということです。

まさに新しい時代の到来です。

不謹慎に聞こえるかもしれませんが、僕はこのエキサイティングな時代を歓迎し、果敢に挑んでみたいと思っています。

目に見えないもの、聞こえないものを信じて。


小原啓渡

諸行無常日記 2008-12-28

ヒーロー

「ひ」、「ヒーロー」で。

僕にとって子供の頃の「ヒーロー」と言えば、劇画を原作にTVドラマになった「柔道一直線」の主人公「一条直也」でしょう。

高校まで柔道をやっていたことをみても、子供の頃、と限定できないほど影響を受けていたのかも知れません。

ただ、僕の見た「一条直也」は漫画でもなく、仮面ライダーのような超人的なキャラクターでもない、桜木健一さんという俳優が演じておられた生の人間でした。

僕が京都の南座で揚幕の仕事をしていた時に、あるお芝居の役者さんとして出演され、実際に毎日(1か月ほど)お会いすることになりました。

初めてお会いするリハーサルの日は、さすがに緊張したというか、非常に複雑な気持ちでした。

もう子供ではないですから、すべて現実として捉える事ができても、テレビの中の「ヒーロー」が目の前に現れて、話もするわけですから複雑です。

実際にお会いした桜木健一さんは、小さくて気さくなおじさんでした。

そういえば、「柔道一直線」に出られていたヒロイン吉沢京子さんともその後お会いしましたし、近藤正臣さんとも数年前、あるシンポジウムでご一緒させていただきました。

「小原君っておもしろいね」と言っていただき、普通に近藤さんと話している時間が、現実ではないような錯覚にも陥りました。

ただ、桜木さんにも、近藤さんにも、「柔道一直線」の話だけはしませんでした。

なぜか、その部分にだけは触れたくなかったのです。


小原啓渡

諸行無常日記 2008-12-27

パンドラ

「は」、「パンドラ」で。

「パンドラ」とは、ギリシア神話に登場する女性で、神々によって作られた人類の災いとして地上に送り込まれた、一説によると人類最初の女性とされる。(Wiki)

「禍いをもたらすために触れてはいけないもの」の慣用句として使う「パンドラの箱」は、彼女が忠告されていたにもかかわらず開けてしまい、そこから飛び出した災い(疫病、悲嘆、欠乏、犯罪など)を見て、慌ててその箱を閉めたが、一つを除いて全て飛び去った後だったという神話から来ていて、最後に残ったものは希望とも絶望とも、未来を全て分かってしまう災い(予兆)ともいわれています。

以前、「パンドラ」という題名のTVドラマを見たことがあります。
これは「がんの特効薬」を「パンドラの箱」に見立てた社会ドラマでした。

人類が切望する「がんの特効薬」が発明されれば、成人の三分の一がこれで命を落とすといわれている「がん」を撲滅できる、しかし同時にそのことによって平均寿命が急激に伸びて、年金制度などの社会システムが崩壊、食料や資源の問題にも及び、種自体の存続を脅かす危険性を孕んでいるといった内容でした。

これに関しては、ペニシリンの発明などが過去にもあったわけですから、僕としては説得力の弱い設定に思えましたが、「パンドラの箱」について考える良い機会ではありました。

結局この神話で言いたいことは、最後に残ったもの、「絶望」「希望」「予兆」という色々な説はあっても、「絶望が外に出なかった」「希望が中に残った」「未来がわからない」ということで、つまり「人類に最も大切な最後の砦は、希望を持ち続けること」ということではないかと思います。

単純にこう言い切ってもいいような気はしますが、そこは神話です、言い切らないところが深いのです。


小原啓渡

次のページ>
諸行無常日記TOPへ