◇WS

緊急事態宣言の発令を受け、感染症予防対策を徹底するため、

ワークショップに関して、一般公募を見合わせることとなりました。







特別ワークショップ開講

大大阪舞台博覧会では次世代を担うアーティスト育成のため、第一線で活躍する講師を招き「身体表現」「演技」の2種のワークショップを開講します。

開講日

 2021年3月7日(日)
  11:00〜16:00 『身体表現』
   講師:いいむろなおき 定員:30名
  17:00〜22:00 『演技』
   講師:サリngROCK 定員:30名


■講師プロフィール


いいむろなおき
null
マイム俳優・演出家・振付家。
兵庫県出身。フランス・パリ市マルセル・マルソー国際マイム学院卒業。ニデルメイエ国立音楽院コンテンポラリーダンス科最上級クラス首席卒業。
1998年、拠点をフランスから日本に移し「いいむろなおきマイムカンパニー」の名称で活動開始。舞台公演、ワークショップや外部指導、マイム演出、海外フェスティバルへの参加等、幅広く活動中。スタイリッシュで洗練されたスピード感あふれる舞台をテーマとしながらも常に笑いを忘れない作風は、まさに「関西生まれのおフランス育ち」。

2000年 平成12年度大阪府舞台芸術奨励新人。平成12年度大阪文化祭賞受賞
2005年 文化庁新進芸術家海外留学制度研修員
2009年 文化・芸術のオリンピック「第3回世界デルフィックゲーム大会」即興マイム部門金メダリスト
2011年 兵庫県芸術奨励賞受賞
2019年 第8回 KOBE ART AWARD 大賞受賞

サリngROCK(サリングロック)
null

作家・演出家。
大阪府出身。関西学院大学文学部哲学科卒。
2002年に突劇金魚を旗揚げし、大阪を拠点に活動を展開。「現代の若者の抱える悩み」や「コンプレックス」を作品の下敷きとし、独自の世界観を展開する作風は、同世代を中心に共感を呼んでいる。「演劇界の芥川賞」と称される岸田國士戯曲賞の最終候補に二度選出されるなど、いま作家として大阪で最も注目されている1人である。

2008年 『愛情マニア』第15回OMS戯曲賞大賞
2009年 『金色カノジョに桃の虫』第9回AAF戯曲賞最優秀賞
2012年 若手演出家コンクール2012優秀賞
2013年 『漏れて100年』第57回岸田國士戯曲賞最終候補に選出。
2018年 『少年はニワトリと夢を見る』第62回岸田國士戯曲賞最終候補に選出。
2019年 『漏れて100年』JAPAN SOCIETYに選ばれニューヨークでリーディング公演が行われる。