小原啓渡執筆集
アーティストインタビューヌーボーシルク見聞録寄稿記事

profile

小原啓渡 プロフィール

小原啓渡 こはら けいと
兵庫県出身。
1999年、近代建築をリノベートした劇場「アートコンプレックス1928」を立ち上げ、プロデューサーに就任。文化施設運営の他、文化支援ファンドの設立や造船所跡地をアートの拠点「クリエイティブセンター大阪」に再生するなど、「アートを切り口に、新しい価値を社会に提案する」ことをテーマとした、文化芸術環境の整備に関わる活動を続ける。

アートコンプレックスグループ 統括プロデューサー
著書:
「クリエーター50人が語る創造の原点」(論創社)
1978年兵庫県立龍野高校を卒業
1980年同志社大学法学部政治学科入学
1982年同志社大学法学部政治学科中退
1984年舞台照明として舞台に関わる
1992年 - 1998年日仏共同プロジェクト『MATOMA』テクニカルディレクターとして世界各国の公演に携わる
1995年P.A.N..PRESS (パフォーミングアーツネットワーク)』フリーペーパーを発刊(隔月発行)発刊。編集長に就任
1998年リッジクリエイティブ株式会社を設立、代表取締役に就任する
1999年京都三条御幸町の旧毎日新聞社ビル(有形文化財)にアートコンプレックス1928オープンし、劇場プロデューサーとして活動
2000年カンパニーD.C.A.主宰フィリップ・ドゥクフレ(Philippe Decoufle)をアートコンプレックス1928に招き「パフォーマンス/インプロビゼーションNight+ダンスワークショップ」を開催。
2001年11月フランス外務省より文化視察員に任命され、フランス国内の文化施設・団体を視察
2002年電視游戲科学舘と提携し、小劇場では稀なロングラン公演(全26 公演)取り組む
2002年12月近鉄百貨店阿部野Hoopにて ヌーボーシルク空中パフォーマンスをプロ デュース。フランスより、シルクバロックを招聘
2003年3月関西日仏学館オープニングイベン トプロデュース。フランスより、シルク バロックを招聘
2003年アーティスト限定の宿泊施設「アーティスト・イン・レジデンス京都(AIR京都)」の運営を開始
2003年「セーフティーネットとしてのメセナ」と題する新しいエンジェルシステムを舞台公演に導入。
2003年有限会社KSGBWP設立。代表取締役に就任
2003年10月ヌーボー・シルクカンパニー「アポストロフィ」をフランスより招聘、日本ツアーをプロデュース
2003年10月-11月証券会社と提携し、コンテンツファンド第1弾として映像+パフォーマンス集団kyupikyupi 『キュピキュピグランド歌謡ショー「キャバロティカ」』公演を実施、全21公演で配当12%の高配当を出す
2004年コンテンツファンド第2弾として電視游戲科学舘『惑星組曲』公演を主催、全30公演で配当8%を出す
2004年アートコンプレックス株式会社設立、代表取締役に就任
2004年9月京都・三条通『三条あかりけしき』統括プロデューサー
2004年9月大阪住之江区の名村造船所跡地にて、『NAMURA ART MEETING '04-'34 vol.00「臨界の芸術論」』開催。 実行委員会代表・プロデューサーを務める
2005年2月論創社より「クリエイター50人が語る創造の原点」出版
2005年4月大阪福島区に森田恭通(GLAMOUROUS)デザインのサロン&バー「アートコンプレックス」オープン
2005年10月大阪住之江区の名村造船所跡地にアートスペース「black chamber」オープン
2005年2月関西元気文化圏 ニューパワー賞受賞
2005年LLP(有限責任事業組合)アートサポートを設立、代表に就任。
2006年4月大阪市立芸術創造館の指定管理者として当館の運営を開始、館長に就任。
2006年CCOにて「バッカスシステム」を導入した公演「ISANA」を開催
2007年8月インターナショナルワークショップフェスティバルを初開催。
2007年名村造船跡地のリハーサルスタジオ「STUDIO PARTITA」をライブスペースとしてリニューアルオープン
2007年名村造船所跡地施設運営を統合し、名称を「クリエイティブセンター大阪(CCO)」とする
2008年「アーティスト・イン・レジデンス京都(AIR京都)」を大阪に移し、大阪市住之江区にアーティスト専用宿泊施設「アーティスト・イン・レジデンス大阪(AIR大阪)」オープン
2008年8月2回目となるインターナショナルワークショップフェスティバル『100DOORS』を開催。
2008年9月CCOクリエイティブセンター大阪(名村造船所跡地)にて『BAKUTO OSAKA』を開催。東野祥子と供にプロデューサーを務める。
2009年4月大阪府府民文化部参与に就任(〜2011年)
2009年NPO法人ライブエンターテインメント推進協議会(=略称LEO)を発足。理事長に就任。 
2009年7-8月3回目となるインターナショナルワークショップフェスティバル『200DOORS』を開催。
2009年8月水都大阪2009において、巨大アヒル「ラバーダックプロジェクト」をディレクション
2009年10月『NAMURA ART MEETING '04-'34 vol.03「起程ll 〜海路へ臨む祭礼〜 」』開催。実行委員会代表・プロデューサーを務める。
2010年1月「オオサカ・パフォーマンス・フェスティバル」(地域文化芸術振興プラン推進事業)プロデュース
2010年1月ノンバーバルパフォーマンス『ギア』をプロデュースし、大阪にて第1回トライアウト公演を開催。
2010年8月4回目となるインターナショナルワークショップフェスティバル『250DOORS』を開催。プロデュース。
2010年9月インディーズフェスティバル「バクトオオサカ2010」プロデュース
2010年12月「光のルネサンス」において、ギリシャ人アーティスト「b.」(ビードット)と、巨大アヒル「ラバーダックプロジェクト」をディレクション
2011年1月長崎ハウステンボスにて、ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」公演プロデュース 
2011年8月5回目となるインターナショナルワークショップフェスティバル『300DOORS』を開催。プロデュース。
2011年9月京都マンガミュージアムにてプロジェクションマッピング「マチデコ」プロデュース。
2011年10月京都岡崎「ときあかり」、京都市美術館壁面のプロジェクションマッピングをディレクション 
2011年11月日経トレンディーにて「ニッポンを元気にする20人」に選出される
2012年3月知恩院・山門(国宝)のプロジェクションマッピングプロデュース
2012年4月京都にてノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」ロングラン公演を開始
2012年4月大阪府参与を退任し、大阪府特別参与に就任(〜2013年)
2012年7月6回目となるインターナショナルワークショップフェスティバル『DOORS 100 SELECTION』をプロデュース。
2012年8月二条城・二の丸御殿(国宝)のプロジェクションマッピングプロデュース
2012年10月京都マンガミュージアムにて、プロジェクションマッピング『マチデコ』プロデュース
2013年3月京都府文化ベンチャーコンペティションにおいて近畿経済産業局長賞、京都銀行賞ダブル受賞
2013年4月神戸大学(人間発達科学部)非常勤講師に就任
2013年9月ノンバーバルパフォーマンス「ギア」、ロングラン公演400回を達成

HOMEページ先頭

書籍販売中

P.A.N.PRESS の インタビュー集が本になりました。
『ク リエーター50人が語る
創造の原点』小原啓渡著
(別窓で開きます)

全国書店ならび に
アートコンプレックス 1928にて販売中です。
各オンラインショップでもお買い求め頂けます。
amazon
ビーケーワ ン
セブンアンドワイ


リンク
ART COMPLEX GROUP

クリエイティブセンター大阪
芸術創造館

Copyright 1995 Keito Kohara. All rights reserved.