10月1日の夜、マンガミュージアムの壁が映像で埋めつくされる!


「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2016~パリ白夜祭への架け橋~―現代アートと過ごす夜―」事業

2016年10月1日(土)18:00-22:00

プロジェクションマッピング上映は
19:25-19:45(新作) 及び 20:15-20:40(2009-2015アーカイブ作品vol.1)、21:10-21:40(同vol.2)<予定>(荒天時中止)

入場:無料

会場:京都国際マンガミュージアム

http://www.kyotomm.jp/
京都市中京区烏丸通御池上ル
(元 龍池小学校)
京都市営地下鉄:
烏丸線・東西線「烏丸御池」駅

  • 最寄出口…北改札口2番出口
  • 烏丸御池交差点の北西角(ハローワーク前)から烏丸通を北へ50m
  • ※ 駐車場はこざいません。会場にお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
    ※ 開館時(10:00-18:00)にミュージアム内に入られる際は、別途入場料が必要となります。本イベントは、ミュージアム閉館後、野外にて開催いたします。
    ※ マンガミュージアムカフェ「えむえむ」を夜間もオープン!

    ↑ PAGE TOP

    参加アーティスト

    [新作上映]
      江藤ごなお 他
    [2009-2015 アーカイブ上映]
      高木正勝 江村耕市 phenographics 田村聡大+谷 雄介+アイヴァン・リー 吉光清隆 大見康裕 上野あきのり+松本篤史 神里亜樹雄 尾内丞二 窪木亨

    アーティスト プロフィール

    江藤ごなお Gonao Eto

    映像作家

    2001年劇団を旗揚げし、映像と音楽を使用した、作・演出舞台を7本上演。
    2015年、天保山マーケットプレースのバレンタインイベントに企画から携わり、港区初のプロジェクションマッピングを行う。
    京都美術館でのプロジェクションマッピングコンペ「岡崎ときあかりアワード2015」では、最優秀賞とロームシアター京都賞を受賞。
    2016年6月より、各種映像制作やイベントPA等を請け負う「CUT-LET」設立。
    ストーリー性のあるプロジェクションマッピングの制作を目標としている。
    http://cutlet.jp/

    高木正勝 Takagi Masakatsu

    映像作家/音楽家

    1979年生まれ、京都出身。
    2013年より兵庫県在住。山深い谷間にて。
    長く親しんでいるピアノで奏でた音楽、世界を旅しながら撮影した’動く絵画’のような映像、両方を手掛ける。
    美術館での展覧会や世界各地でのコンサートなど、分野に限定されない多様な活動を展開している。
    細田守監督作「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」の映画音楽をはじめ、CM音楽などコラボレーションも多数。

    江村耕市 EMURA Koichi

    美術家/京都嵯峨芸術大学教授

    アーティストユニット「Kyupi Kyupiキュピキュピ」メンバー。キュピキュピのほか「オーマイキー」「FASHION CANTATA」など多くの石橋義正作品でビジュアルデザインを担当。映画 「Milocrorzeミロクローゼ」(2011年石橋義正監督)で 6th Asian Film Awards でベストコスチュームデザイナーにノミネート。2011年「emuralabo エムララボ」の活動を開始。若い世代の人たちと協働しながら、雑多なイメージを直感的に編むというスタイルで活動している。

    phenographics

    phenomenon(現象)+graphic(描く)=phenographics
    映像作家・ヤマダユウジと美術家・中島麦のユニット。
    2014年結成。
    わたしたちは現象を撮影し、視点や時間で変化させます。
    そして、視覚表現を媒体に現象を再構築しお見せします。

    ヤマダユウジ YAMADA Yuji

    映像作家
    2005年より独学で映像制作を始め現在もフリーランスとして活動中。
    2014年に自由な映像表現を求め映像作家としても活動を開始。
    作品は現代美術や現代舞踊、ストリートミュージックなどの分野で活躍するアーティストや旅の風景を捉えたもの、ヤマダ ユウジが参加するオルタナティブスペース「play」での企画を記録したものなどがある。
    https://vimeo.com/ymdyj

    中島 麦 Nakajima Mugi

    美術家
    京都市立芸術大学美術学部油画専攻卒業。
    個展、企画展、アートフェア出品、地域型アートイベント、等多数。
    絵を描く事を中心に、そこから拡張する出来事を取り込みながら活動中。
    近年は2つの異なる要素を対比・補完関係とする抽象絵画を制作。その構造を通して、私自身が何ものからも自由で、何ものをもつなぐメディウムでありたいと考えている。
    http://mugiworks.web.fc2.com/

    オリジナル楽曲制作 生形三郎(音楽家・録音エンジニア)
    http://saburo-ubukata.com/

    田村聡大 Sota Tamura

    映像作家

    京都出身。
    こどもからおじいちゃんまで通じるコミュニケーション、モノゴトの設計が仕事。

    谷 雄介 Yusuke Tani

    映像クリエイター

    リアリスティックな3DCGを主軸にデザイン、モーショングラフィックス,VFXまで、多彩なジャンルのコンテンツを手掛ける。

    アイヴァン・リー Ivan Lee

    映像ディレクター

    日本のクリエイティブエネルギーに憧れて京都の美術大学に通い、学生のうちにプロジェクションマッピングや実験映像、インスタレーションに手がける。
    卒業後はディレクションメインで企業動画、式典動画などの製作に携わっており、近頃では趣味でVRコンテンツの製作も始めている。
    いつかは日本とシンガポールの架け橋になりたいと願っている。現在、母国のシンガポールを拠点にアジア各国にて活動中。

    吉光清隆 Kiyotaka Yoshimitsu

    映像作家

    インスタレーションや舞台作品、パフォーマンスなど空間を意識した映像作品を制作している。演劇、ダンス、現代美術など様々なアーティストに対しての映像提供、協力も多数。建築物の形を利用した映像を投影する「Architecture Projection」プロジェクト等を展開中。
    また、言葉を使用しないパフォーマンスグループ「the original tempo」のメンバーとしてシンガポール・韓国・ロンドン・スコットランド等での公演を行う。
    現在は新たにウォータースクリーンなど、水と映像を使用したパフォーマンスを開発し、様々な場所で展開をしている。(ATWAS http://www.atwas.jp/youtube.html

    大見康裕 Yasuhiro Omi

    映像作家

    デザイン会社を経て2007年独立、映像作家として活動中。京都発信の人気劇団:ヨーロッパ企画の映像スタッフも担当している。
    主な作品として、シティボーイズミックスライブ2011「動かない蟻」パルコ&東京グローブ座「芝浦ブラウザー」等の劇中映像。
    フジテレビ『世にも奇妙な物語2011年 秋の特別編「JANKEN」』テレビ東京系「乃木坂って、どこ?」wowow「勝・新(KATSUARA)」等のタイトルバック。
    映画「サビ男サビ女」オープニング映像等。

    上野あきのり+松本篤史 Akinori Ueno + Atsushi Matsumoto

    上野あきのり(写真右)

    デジタルアーティスト
    兵庫県生まれ→大阪→兵庫→東京→京都在住。神戸芸術工科大学→某化粧品メーカー→CGプロダクション→京都にchidorigraph(チドリグラフ)設立・代表。
    TVCM・映画VFXなどのCGI、コンポジットを中心に、企画やディレクションにも携わるかたわら、アート分野でも活動中。
    アートコンペティションthe open west2013(U.K)にて絵画(Miki Ueno)と映像(Akinori Ueno)のコラボレーション作品(Akinori Ueno Miki)が選出される。
    http://chidorigraph.com

    松本篤史(写真左)

    CGIディレクター
    和歌山生まれ→大阪→東京→京都在住。大阪芸術大学映像学科→CMプロダクション→CGI・ポスプロのスタジオ設立→大手ポスプロ→京都に株式会社x10studio(クロステンスタジオ)設立・代表。
    TVCM・VP・ゲーム映像の分野で、CGI制作、コンポジットを中心に、企画やディレクションにも携わる。

    作曲:山崎功(PINTON)

    神里亜樹雄 Akio Kamisato

    1979年 沖縄生まれ。
    IAMAS(情報科学芸術大学院大学)修了。
    現在、エレクス株式会社所属(Web制作、アーティストとして活動中)。
    映像を食べるための「Jelly TVSystem」や映像を蒸発させるための「Drop」など、物質と映像のもつ現象性との関係をテーマにインスタレーション作品を制作。
    コンピューターによって制御される映像や音響と、制御不能な自然現象や物質を合わせる事でそれらの表現を試みる。
    Ars Electronica 2004(2004年)、光州ビエンナーレ(2006年)他、国内外の展覧会に多数出展。
    http://www.iamas.ac.jp/~akio03 http://www.elecs-web.co.jp/

    尾内丞二 George Onouchi

    グラフィックデザイナー

    京都のポストプロダクションから独立してデザインユニット『FUNCTION TALES』を設立し、毎日放送や Music Japan TV などの番組オープニングや各種ブリッジ、企業CMからイベント用映像素材など、幅広い映像コンテンツの制作に携わっている。
    3DCGを用いたVFXから手描きのイラストレーションなど、様々な映像技法を駆使し「わかりやすい映像」「伝わる物語」をモットーに、あなたの町の映像屋さんとして活動中。

    窪木 亨 Toru Kuboki

    演出家/映像作家/ART COMPLEXディレクター

    京都精華大学デザイン学科マンガ専攻卒。
    京都にて劇団電視游戲科学舘メンバーとして全作品の映像効果を担当。
    2012年4月より京都三条 ART COMPLEX 1928 にてロングラン公演中の「ノンバーバルパフォーマンス ギア-GEAR-」(http://www.gear.ac)に演出部として所属。プロジェクション・マッピング作品としては「京都文化博物館」「京都国際マンガミュージアム」「京都市美術館」「知恩院三門」「二条城二の丸御殿」「丸亀城天守閣」等、関西を中心に大規模な作品を発表している。
    http://www.artcomplex.net

    ↑ PAGE TOP

    アーカイブ

    2011年10月1日開催 マチデコ・インターナショナル
    2012年10月5日開催 マチデコ・インターナショナル
    2013年10月5日開催 マチデコ・インターナショナル
    2014年10月4日開催 マチデコ・インターナショナル
    2015年10月3日開催 マチデコ・インターナショナル

    ↑ PAGE TOP

    問合せ:京都国際マンガミュージアム TEL 075-254-7414(代)

    企画製作:楽洛まちぶら会 ART COMPLEX

    「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2016~パリ白夜祭への架け橋~―現代アートと過ごす夜―」

    公式サイト:http://www.nuitblanche.jp

    「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」は、パリ市が毎秋行う一夜限りの現代アートの祭典です。
    パリの姉妹都市・京都では、今年も日仏の現代アートを楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO」を市内各所で開催。パフォーマンスや展示、プロジェクション・マッピングなど、多彩なプログラムを夜間、無料でご覧いただけます。
    「現代アート×伝統工芸」をDNAとして継承しつつ、今年のニュイ・ブランシュがテーマとするのは「デザイン」。さらに、開催6年目にして初めて、パリのニュイ・ブランシュと連携したプログラムを、二条城を中心にお届けします。
    ニュイ・ブランシュKYOTOでしか体験できない、夜のアート散策をお楽しみに!

    主催:京都市、アンスティチュ・フランセ関西(旧 関西日仏学館)
    共催:京都国際マンガミュージアム 、 京都芸術センター 、 京都市立芸術大学 、 京都市交通局、 ヴィラ九条山
    特別後援:在日フランス大使館
    後援:外務省、在京都フランス総領事館
    助成:アンスティチュ・フランセ パリ本部、パリ市
    協賛:ヴランケン ポメリー ジャパン株式会社、東洋アルミニウム株式会社、ボロレ・ロジスティクス・ジャパン株式会社、アニエスベージャパン株式会社
    協力:KYOTO CMEX実行委員会、エムケイ株式会社、株式会社ハースト婦人画報社、きょうとあす、sonihouse

    ↑ PAGE TOP