この企画は2015年2月に終了しました。演劇事業「大大阪舞台博覧会」TOPへ

ワークショップ

4種の演劇ワークショップ開講


大大阪舞台博覧会では、次世代を担うアーティスト育成のため、第一線で活躍する講師を招き、
「演技」
「スタッフワーク」
「身体能力」
「企画製作」の
4種の演劇ワークショップを開講します。

開催日◎2015年2月16日(月)-19日(木)
 2月16日(月)18:00-22:00 WS1【演技】:末満健一 定員20名→30名(増員しました)
 2月17日(火)18:00-22:00 WS2【スタッフワーク】:大田和司 定員20名
 2月18日(水)17:30-21:00 WS3【身体能力】:東野祥子 定員30名
 2月19日(木)15:00-19:00 WS4【企画製作】:橋本裕介 定員30名
*各講座、定員に達し次第締切

会場◎大阪市立芸術創造館 3階 大練習室

受講料◎1講座500円 (公演参加12団体/個人は無料)

持ち物◎筆記用具、動きやすい服装(WS4を除く)

申込方法◎
※エントリー受付期間は終了いたしました。

お送りいただいた個人情報はリッジクリエイティブ株式会社が厳重に管理し、本事業に関わる審査・連絡手続きに使用し、本人の許可なく第三者への譲渡及び公開は行いません。

講師



末満健一
末満健一 Kenichi Suemitsu

1976年6月18日生。大阪府出身。脚本家・演出家・俳優。2002年より演劇ユニット「ピースピット」を主宰。現在は東京と大阪のダブルベース(二拠点)で活動を行う。2014年には短編映画で映像監督デビュー。近作に『れみぜやん』、『LILIUM-リリウム少女純潔歌劇-』、舞台『K』など。
次回予定 ⇒ 2015.3.18-22『SPECTER』





大田和司
大田和司 Kazushi Ota

維新派の舞台監督として1992年より現在に至るまで、ほぼ全ての公演を手掛ける。また同劇団の野外公演では劇場プランも兼ねる。舞台監督として他に、NPO法人DANCE BOXの企画事業やアンサンブル・ゾネなど、ダンス公演やイベントも多数。最近では、国東半島芸術祭2014 パフォーマンスプロジェクト(ピチェ・クランチェン、勅使川原三郎、飴屋法水)がある。





東野祥子
photo by 井上嘉和
東野祥子 Yoko Higashino

10歳でダンスを始め、現在はダンスカンパニー「BABY-Q」の振付家、ダンサーとして国内外で活躍。またソロ活動としても即興 アーティストとのセッションを多数展開。2000年、Dance Company BABY-Qを結成。トヨタコレオグラフィーアワード2004にて「次代を担う振付家賞」、横浜ソロ×デュオ〈Competition〉+(プラス)2015にて「未来へ羽ばたく横浜賞」等を受賞。2005-2013年まで東京・高円寺で、スタジオBABY-Q Lab.を運営し、ダンスWSを継続的に行いダンサーの育成を行う。また、学校教育プログラムでの指導も行っている。全日本ダンストラック協会会長。最近は「HE?XION!」名義にて洋服デザインや「HE?XION!TAPES」ではレーベルとしてもCDリリースやイベント等様々なジャンルで活動を行う。





橋本裕介
橋本裕介 Yusuke Hashimoto

京都大学在学中の1997年より演劇活動を開始。2003年、橋本制作事務所設立。現代演劇、コンテンポラリー・ダンスのカンパニーマネジメントや、京都芸術センター事業「演劇計画」などの企画を手掛ける。2010年より国際舞台芸術祭「KYOTO EXPERIMENT」を設立、プログラムディレクターをつとめる。2013年より舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)理事長。2014年1月よりロームシアター京都プログラムディレクター。