20090815: 20090815-16 エンゲキング×シバイズム

詳細随時更新します。
Creative Center Osakaの新空間・sidechamberにて

鞦韆館presents 自己満足シアターvol.2
エンゲキング×シバイズム

□サリngと山田とコーディー
□BISCO
□ピンク地底人
□へそCHAプロジェクト

短編4作品公演

前売・当日:2,000円

2009年8月15日(土)
16:00開演
サリngROCKと山田とコーディー
ピンク地底人
へそCHAプロジェクト

19:30開演
BISCO
ピンク地底人
サリngROCKと山田とコーディー

2009年8月16日(日)
14:30開演
へそCHAプロジェクト
ピンク地底人
BISCO

17:30開演
サリngROCKと山田とコーディー
へそCHAプロジェクト
BISCO


【1】
■団体名
サリngと山田とコーディー
■タイトル
絶対の村上くん
■作・演出
サリngROCK
■出演
山田将之
コーディー
■message
灰色の小さい部屋にいる男子。
本を読んでいて、そして自分も文章を書いている。
四方、壁に囲まれた部屋には何もない。
もしかしたら、トイレや布団があるかもしれないけれど、「何もない」でいい。
ただ、本を読んで、書いている。
たまにグルグルグルメガネをかけて、空想する。
そうすると、小さい部屋は、海に満たされて、全部、海の中に沈む。
海の中で、見渡すと、ニワトリ頭がこっちを見てる。
じっと見てる。



【2】
■団体名
BISCO
■タイトル
読?ザ・2本立て
■振付・演出
小夜里
■出演者
戎 敦子
スワ ユリコ
村上 恵理
ノブタ アイコ
松本 芽紅見
てらにし めぐみ
■message
朗読ダンスパフォーマンス集団。
生活の中での仕草や行動を振付に取り入れたり、音楽に歌謡曲、朗読に絵本などを用
い、言葉の持つ力にインスピレーションを受けて、BISCO独自のユーモア溢れる
作品と、ダンサーの体だけでなく顔面いっぱいに踊る様が特長的。
作品に言葉が関わってくることから、全てのタイトルの初めに「読」(どく)をつけ、
シリーズ化している。
白いパーカーに白い半ズボン、ピンクのホッペがトレードマーク。



【3】
■団体名
ピンク地底人
■タイトル
月になって
■作・演出
ピンク地底人3号
■出演
ピンク地底人2号 松田菜穗
■message
ピンク地底人は2005年に京都の墨染で生まれました三人兄妹です。一ヵ月前に地底人
に関心をもった男の子が現れたので一緒に行動しています。
演劇をすれば人間になれるっぽいので演劇してます。



【4】
■団体名
へそCHAプロジェクト
■タイトル
へそちゃ始めました。
■作・演出
へそCHAプロジェクト
■message
我々は大阪の北摂地域を中心にコントと芝居を融合させた、新しい笑いを追及してい
ます。
定期公演のほか、イベントの司会・学校公演など依頼を受けての興行と幅広く活動し
ています。