«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 30 | 31 | 32 || Next»

20100306: アフタートーク

CCOの日々
歯車のアルカ、アフタートークの様子。

シアターコンプレックス最終日、歯車のアルカ終了後のアフタートークの様子です。

この後怒涛のバラシ作業、、
「幸せな気持ちになる作品」と劇評家の方がおっしゃていたのが嬉しかったです◎

こちらは打上の様子。


今回歯車のアルカは再演だったわけですが、とはいえ大変なことも多かったと思います。
前回公演時20人だった役者がスケジュールの都合などで今回は15人の参加となりました。
新たに加わったメンバーもいます!
小劇場の公演というのは、役者の人数がとてもわかりやすく来場者数に反映されるものです。

次の公演は演出家を変えて・・ なんて話もあるそうですよ!
次回が踏ん張りどころです!たのしみにしてます!




かい



かい

20100305: 窓に向かって裏打ち

CCOの日々
シアコン中のCCO概観。

3階の窓にプロジェクター照射したのですよ。
3階窓に内側からスクリーンを張り、屋内からプロジェクターを裏打ちしました。
窪木Dのアイディアですが、ナイス仕事です。
外からは窓に文字がスクロールされているように見えるようになっています。

シアコン中は、ほんとに色んなことを試してみました。




かい

20100304: グリコおやつ

CCOの日々

シアコン期間中にとっても人気者になったカエル君。
こちらはグリコさんが出しているリフレッシュボックスという名のお菓子ケータリング。
http://www.ezaki-glico.net/officeglico/
登録するとグリコさんがお菓子の入ったカエル君箱を持ってきてくれます。
中のお菓子は一律100円。お菓子をもらう際に、カエル君に100円あげます。(カエル君が貯金箱になっている)
引出には鍵がついているわけでも無いので、お金を入れなくても誰にもバレないという 大変善意で出来たシステム。
しかし回収率は90%を誇るらしい。

CCOはコンビニまで行くのが億劫な位置。
なんせ工場街にあるので、お腹がすいたら買いに行くのではなくお弁当の配達。
そんな中大変重宝されました、この子。

特にシアコン中で技術員や管理スタッフの出入りが多かった為、あっという間に棚は空になりました◎




かい

20100303: カトリンさん写真

CCOの日々

カトリンさんとAIR大阪の猪股嬢。シアターコンプレックスにて。
カトリンさんはホワイトチェンバーでインスタレーション展示をしてくれた写真家の方。
ドイツ人で、現在大阪在住。日本語がとても達者です。
上の写真はオープニングパーティーの様子。猪股嬢と乾杯です。

こちらはカトリンさんが見せてくれた飼っている黒猫の写真。合計4匹いるのかな?
今回の作品モチーフにもなっている猫ちゃんたちです。
カトリンさんは黒猫が好きらしい。

こちらはカトリンさんかがくれたかみなりおこし。
3月の2週目、カトリンさんは鳥取の現代美術展に参加の為不在にしていたのですが、なんと鳥取のおみやげをくださいました。
こちらの美術展に参加されていたそうです。


カトリンさんの作品もカトリンさんも、ほんとに素敵でした。たのしかった




かい

20100302: 男肉カフェ!

CCOの日々
下の子供きょじんカフェに引き続き、男肉カフェ!の写真がありました?!(朗報

その時のtwitterの様子・・

----------------------
突っ込みどころが多すぎて・・・ かい/1928 RT @rino1928 男肉カフェがだいぶ凄い。まず、スーパーファミコンが設置されている。更に、団長の高校時代の写真が設置されている。あと、フランクフルトが時価だ。混沌。

これも気になってしょうがない かい/1928 RT @nikusole 男肉カフェのためにシフォンケーキを焼く母。何故だ。何故にこんなに胡散臭い。

時価!いいなぁ。時価のカフェ、面白いじゃないですか。うちのホール代も時価にしましょうか。 ディレクター:重田 RT @rino1928 男肉カフェがだいぶ凄い。まず、スーパーファミコンが設置されている。更に、団長の高校時代の写真が設置されている。あと、フランクフルトが時価だ。混沌
----------------------

まず、男肉ドソレイユとは、京都を活動の中心とするパフォーマンスカンパニーです。
http://oniku-du-soleil.boy.jp/
ひたすら男の子たちが踊り狂ったり暴れ狂ったり、ひたすら自分たちの信じる混沌(カオス)に向かってひた走る、汗臭いカンパニーです。

『決して上手くはないんですが、僕は大好きです。舞台の上であんなに純粋に生きれる事がすごいし、尊敬。そこらの高尚な作品より、また観に行こうと思います。元気になれる。昔の銀杏BOYSや、四星球を見ている感じ。』
私のイメージではサンボマスターぽいです。

こんなに「愛」とか「平和」とか言わないけど、見終わった後になんか元気をもらってしまう点は同じ。
そんな彼らの愛とはカオス(混沌)なのかもしれない。

そう、そこで上の写真に戻るのですが、
カフェも大分とカオスだったようで、団長とトランプできるとかあったらしいです。


また男肉にカフェやって欲しいなぁ






かい

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 30 | 31 | 32 || Next»