20090611: 6月7日はダーツの日。

CCOの日々
こんにちわー スタッフのかいです。
関西も梅雨入りしたようで、じめじめと、なんとなく蒸し暑い季節になりました。
先週末はとても良い天気だったのですが、あっという間の下り坂です。

さて、そのお天気に恵まれた先週末、ブラックチェンバーではダーツのイベントが開かれました。
前日に7段の客席用ひな壇を5時間かけて組み、2階奥のホワイトチェンバーにはダーツの機械が両サイドにずらりと並びました。


今回は7段の客席をイベントスタッフさんと一緒に組み作業をしたのですが、なかなかの壮大さと達成感でした。
まずは舞台機材の“馬足”を平台に打ちつけ、“抜き板”という支えのような板を馬足と平台に打ち付けていきます。

一番奥に見えるやったら高い木のベンチみたいなものが、すでに打ち付けが終了し、立てたものですね。

このようにして天板となる板に、それを支える“足”を付け、支えとなる抜き板をうちつけていくのです。
おわったらひっくり返し、徐々に低いものを作っていき、最終的には階段状に降りられるぐらいに、下まで同様の作業を繰り返します。
そうすると、このような形になっていきます。


次に、骨組みが出来たら上にパンチカーペットを釘打ちして敷いていきます。
こんな感じに。



そしたら椅子を上に並べていきます。



終わるとこんな感じに。きれいでしょ

スタッフさんは皆さん初めての舞台機材だったのですが、とてもチームワークの良い方々で、時間通りに組むことが出来ました。

イベント中はこんな感じに。

ダーツの機械とブラックチェンバーのアンダーな雰囲気の黒壁が、やたら合う!!!!!!!
かっこよかったです。
ホワイトチェンバーでは予選が行われ、こんな感じに。

ずらん

ずらり



仕込もバラシもとっても大変だったのですが、とても雰囲気の良いイベントでした。
今年の11月にも開催予定なので、お楽しみに!





CCO/かい