2009年11月

2011|04|
2010|01|02|03|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
| Next»

20091102: 明日はFM COCOLO!76.5!

CCOの日々
こんにちはー スタッフのかいです。
まったく寒い。大変寒いですね

先日、赤鉄骨下を使って 大阪のレストランが集まった屋台村というイベントが行われました。
人気の、予約をしないと入れないようなお店がずらり。
いつも瓶もの、缶ものが並ぶバーカウンターのショーケースには 何十本ものワインがずらり。
そしてカウンター上にはグラスがずらり。

イベント途中土砂降りになりましたが、イベント自体はとても盛況で 皆さん楽しい食事の時間を過ごされていたようです。

頂いた差し入れ。手作りのからしが大変おいしかった。


さて!明日、FM COCOLOの番組内で 芸創ゼミを取上げて頂けることになりました?♪♪
実はですね、10月の27日、密かに芸ゼミの取材を受けていたのです。
FM COCOLOの番組ディレクターさんより取材のお電話頂いて、とても丁寧に色んなことを聞いて頂きました。
あぁ? こういう職業は、共感する力がとても大切だ と、とても感じたのでした。

FM COCOLO 76.5ch
13:00-16:00 『BAYSIDE WINDS』
DJ:MEME(Mon・Tue)・ 岩崎真理子(Wed・Thu)

是非聞いてくださーい♪

ラジオの録りかたってどうするんでしょうね
録音したものはMDで頂けるそうです◎
youtubeにアップして、聞けるようになった暁には ぜひブログにアップしたいと思います。

芸ゼミの御予約が着実に増えてきました・・!みなさんにとってターニングポイントとなれるような、とにかく良いものにしたいと思っています!
あと2週間、がんばります?





■INFORMATION■--------------------------------
芸創ゼミvol.32
『女性劇場プロデューサーという仕事』

毎回最先端のクリエーターをお招きする芸創ゼミ。
第32回を迎える今回は、ABCホールより猪瀬典子、ART COMPLEX 1928より高畠里乃を講師に迎え、「劇場プロデューサー」という仕事について聞く。

プロデューサーという言葉は耳にするが、「劇場プロデューサー」という仕事は何をするのか。
劇場としての認知度の確立や劇場そのものの経営、若手劇団の予算相談からスタッフワークのアドバイスまで、その仕事内容は多岐に渡る。

「劇場で働いてみませんか」「そちらの劇場はどうですか?」
ABCホールとART COMPLEX 1928という規模の違う劇場を運営する二人。彼女たちを惹き付けて止まない劇場という場所。

彼女たちのライフプランなどを交えつつ、業界第一線で働く劇場プロデューサーの仕事に迫る。


■日時:11月16日(月)19時-20時半
■受講料:1,000円(1ドリンクfrom souffle付き)
■定員:30名(※要予約)
■ご予約・お問合せ
  電話:大阪市立芸術創造館 06-6955-1066
  メール:hosokai@namura.cc
 ※お気軽にお問合せ下さい。ご来場お待ちしております。

■受講料:1,000円(1ドリンクfrom souffle付き)
■定員:30名(※要予約)
■会場:大阪市立芸術創造館
■ご予約・お問合せ
  電話:大阪市立芸術創造館 06-6955-1066
  メール:hosokai@namura.cc
 ※お気軽にお問合せ下さい。ご来場、お待ちしております。

■講師プロフィール

◆ABCホール猪瀬典子
99年吉本興業入社、01年?03年「よしもとrise-1シアター」立ち上げ、運営プロデューサーを務める。
02年幻となった演劇祭「第1回よしもとrise演劇祭」プロデューサー。
03年吉本興業退社後、企画制作会社及びフリーランスとして舞台公演・イベントの制作を約5年ほど経て、08年4月ABCホールの立ち上げ/運営制作として2度目の劇場に挑み中。
所属:PAC West.Inc,


◆ART COMPLEX 1928高畠里乃

ART COMPLEX 1928プロデューサー。
京都文教大学人間学部文化人類学科卒業後、ART COMPLEX1 928にてボランティアスタッフとして音響を学び、2005年より正式に入社。
音響を担当する傍ら、各種企画・事業の制作業務を行う。
2008年よりART COMPLEX 1928プロデューサーに就任。
アートを切り口に新たな価値を創造することを目指し、業務にあたっている。

■ドリンク提供
souffle (スーフル)
出張カフェ イベントケータリング等の活動中。
今回は芸創ゼミにて暖かいハニージンジャーを提供。

--------------------------------■INFORMATION■





CCO/かい

20091105: 大西ユカリさんRH

CCOの日々
こんにちわ スタッフのかいです。
外でてるてる坊主を見つけました。
11月1日にあったイベントが天気予報雨で、受付のテントに吊るしっ放しだったものです。


なんと“ともだち”でした。


大西ユカリさんのリハが聞こえます。




CCO/かい

20091106: 松田優作

CCOの日々
おはようございます スタッフのかいです。


朝です。本日は松田優作の命日です。
そんな本日は松田優作没後20年メモリアルイベント"soul red”です。

木津川を挟んでお向かいの大正区にそびえたつ中山製綱が、じつはブラックレインの撮影地だったって知ってました?
そんなご縁があって、ツアーの中でも最重要項目の本日11月6日、うちで開催になったのです。
http://www.yusaku-matsuda.com/soulred/2009/08/post-3.html

いつもと違って出演者が劇的に渋いのがいいですね。
ツアーのあったリキッドルームではロザリオスが出たらしいです。

今日も晴れてますね?



CCO/かい

20091112: 初日売切!!!!!

CCOの日々
歯車のアルカ、明日から公演です!!
なんと、初日完売致しました?? すばらしい

明日からが楽しみです。。




CCO/かい

20091113: アルカ終わりました

CCOの日々
劇団_BIRTHDAYCAKE_旗揚げ公演「歯車のアルカ」、無事終わりました。
なんと、初公演なのに 513名もの方にご来場頂けました。
みなさんありがとうございました。

クリエイティブセンター大阪さんから届いたお祝いのお花。

沢山のお花。とてもいい匂いでした。

楽屋裏の様子。場所はホワイトチェンバー。


『歯車のアルカ』前説に、『歯車のハルカ/主演:AIR大阪より猪股春香嬢』を10分ほどやる予定でしたが、本人がぐずったのでやりませんでした。
次回2月を再演を予定しているので、その時には みなさん、『歯車のハルカ』を楽しみにしていて下さい。

以前ダブルビヨンセの話をしておりましたが、今度は劇団ビヨンセで行きたいと思います。
(今驚いたのですが、『ダブルビヨンセ』で検索したら、そっこー上のページがヒットしました)



CCO/かい


20091114: ROVO

CCOの日々
歯車のハルカ(アルカ)公演中は、なんとサイドチェンバーでもパルティッタでも催しがやっていたので、スタッフはひたすら走り回っておりました。
歯車のハルカ(アルカ)2日目は、なんとパルティッタでROVOのライブです◎
山本精一さんが一度名村でライブをしたいと言って実現したライブです。
PARA, Harp on Mouth Sextet, neco眠る, DODDODO, ここでは見た名前が多いですが 大変ゴージャスなラインナップ。





あれはオシリペンペンズのモタコさんだと思うのですが、外で「香港直輸入!美味しんぼ&こち亀ポスター ヌンチャク」を屋台で売っていて爆笑してしまいました。
またポスターがA1サイズのフィルム地みたいなやつで、まじのポスターです。
その“ヌンチャク”と書かれた下に“GOOD!”と書いてあったのが更に笑いを誘います。もう何のテンションなのか面白くてしょうがないです。
そのお向かいでは、サスペンダーしてダブダブの服来たおっさん(?)が、カープの帽子を被って「紙芝居いらんかね?! 紙芝居いらんかね?!」と “アブストラクト紙芝居”をやっていました。おもしろすぎです



CCO/かい

20091115: 3会場同時開催

CCOの日々

歯車のハルカ(アルカ)の最終日、サイドチェンバーではかすみ荘劇団さんの「二分咲ノ奇跡」公演、パルティッタではダンススタジオLAB3さんの10周年パーティー、そしてブラックチェンバーでは劇団_BIRTHDAYCAKE_の「歯車のハルカ(アルカ)」が公演をしておりました。走っても走っても対応仕切れず、、

そんな日にこぼしたコーヒーと、

そんな日に食べたパンです。

3会場の同時開催可能で、本日はあらゆる所に人が溢れかえって 複合施設の本領発揮でした。


CCO/かい

20091118: 芸創ゼミvol.32「女性劇場プロデューサーという仕事」とipodの便利さに関して

CCOの日々
芸創ゼミが終わりましたー。
旭区の芸術創造館で行われているART COMPLEXの自主企画なのですが、11月の担当がわたくし かいでした。

外部事業の岡田さまが写真を撮って下さっていたので、後日様子をアップします?●●
写真はsouffle田中さゆりちゃんから出してもらったハニージンジャー(の残り)と、頂いたクッキーです。


どっちも、めちゃくちゃ美味しかった ・ ・ ・ !
次の日の朝ごはん、とても早かったので何も準備出来ず、残ったハニージンジャーとクッキーを食べたのですが、なんとも言えずいい朝となりました。さゆちゃんありがとうーー

というわけで11月17日に芸術創造館で開催致しました
芸創ゼミvol.32「女性劇場プロデューサーという仕事」、無事終わりましたーー!

会場は芸創にあるレコーディングスタジオを使って行いました。



なかなかに良い雰囲気です。
私密かに空間をいい具合に配置するのが特技なのですが、今回もいい具合に出来ました。
多分こういう形のレイアウトは初めてだと思います。
一番上の写真でポスターを貼っているのは、ABCホールの猪瀬典子さん、今回のゲストの方です。

高校演劇の先生や、就職活動を向かえる子供を持つお母さん、服のデザイナーさん 本当に来られた方は様々。
現在公共のホールでインターンをしている子も来てくれて、なんと有意義な時間になったことか。
ちなみにこの方々がは最後に質問をしてくれた方々なのですが、 まーーーーー その質問の良いこと良いこと。
思いがけず、最後はとても良い締めくくりになりました。

劇場で普段どんな仕事をしているのかという所から、その仕事に就くまで、プロデュースするということに対する意識、お互いの劇場の紹介(ABCホール、ARTCOMPLEX 1928)など 濃い・1時間半でした。

ちなみに私、途中でお腹が痛くなり、時間を1時間も勘違いしたり、録音の仕方がわからなかったり、携帯を鳴らしてしまったりと 大変ご迷惑をおかけしてしましました。

今回プロジェクターの照射をipodから出力して行ったのですが、大変これ便利です。
近距離照射なので、電気も消す必要も無くきれいな画像で見ることが出来ました。

再生機をわざわざ大きなものを持込む必要が無いのが大変良いです。
動画の再生もスムーズですし、音楽再生をしながらの写真投射も可能です。
モニター出力も出来ますし、上の写真の変換を電源に差し込んでおけば、再生中にipodが電池切れすることもありません。

芸創までパソコンを持っていくのが嫌で思い付いたことだったのですが、世の中がこんなに便利になっていたことに驚きを隠せません。。
例えばこれがiphoneだったりすると、ゲネプロをその場で録画し(2時間半も余裕で撮れるとのこと)事務所帰ってみんなでモニター繋いでチェック というのがアッサリ電話一つで全て可能になってしまうわけです。 おそろしい子 ・ ・ ・ !
こういうアート関係を職にしている方には、よく使う機会があるんじゃないでしょうか。
しかし一般の人が使う分には、あまり意味があるとは思えませんが。。

ちなみに、ituneでダウンロードしたpodcastをプロジェクター再生することだって可能です。
これでずっとジョン・ガリアーノのコレクションを見まくっていました。




大分芸ゼミから話がずれましたが。
働いてようやく3年目に入ったところですが、出来るようになったことも増えた反面、わからなくなることも増えました。
ゲストで来て頂いた猪瀬さんが、「11年目にしてようやくスタートに立てた気がする」とおっしゃっていたことを、ときどき思い出しては反芻します。
同じ会社で働いている高畠さんも、劇場が違えば実は知らないことばかりで こんなに考えていたんだと、なにか話しながら感動すらしていました。

とにかく良い機会でした。
また後日写真アップしまーす




CCO/かい

20091120: 何も無い日

CCOの日々
こんにちわ スタッフのかいです。
今日はブラックチェンバーで朝8時から撮影ですが、それ以外は特に無く、ひたすら事務をこなしております。
そんな事務所。


大分寒くなってきたので、外の植物を事務所内に避難しました。
今日はNAMURA ART MEETINGの打上げがパルティッタで行われています.....◎




CCO/かい

20091122: 古本日和

CCOの日々
こんにちわー スタッフのかいです。
寒いですねーー なんとなく風景も寒いです。


本日は映画撮影とカタログ撮影、吹奏楽リハーサルが入っています。

さて、

この冊子知ってますかーー?築港ARCさんが発行しているフリーペーパーです。
「大阪のアートを知り尽くすMAP」というものなのですが、これの「古本編」を元に、昨日地図を片手にふらふらして参りました。


現地の写真を撮っていないのですが、行ったのは南森町から扇町まで続く天神橋筋商店街です。(天満エリア)
南森町といえばFM802ですが、お隣は商店街です。
しかしごく普通の商店街なので、本当にここなのか と歩いていると なんでこんなにあるの!?というぐらい古本屋に出会います。
3件行ったら古本屋、2件あけたら古本屋ーー ここの人はめっちゃ本を読むのでしょうか。

この日は寒かったのと気に入る本が無かったので道半ばで帰りましたが、何は無くともとりあえず本読んじゃう人、新書じゃなくて、古書系。そんな人にはおすすめの休日ルートです。
ただデートにはおすすめしません。きっと彼女は途中から飽きてしまうことでしょう。

そうそう、女性向けの古本屋があればいいのに なんて昨日は思いました。
絵本・少女漫画(古め)・ファッション誌・写真・デザイン・エッセイ・旅行記・レシピ本など あとはボディケア系とか。
意外と需要はありそうです。だれか作ってくれませんかね、無駄に通ってしまうかもしれません。




CCO/かい

| Next»