2009年06月

2011|04|
2010|01|02|03|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

20090601: Numero TOKYO28/7・8月合併号

CCOの日々
こんにちわー スタッフのかいです。


お菓子です◎
上のチョコがめっちゃおいしかった。備品を返しにきたイベンターさんから頂いたのですが、みなさんおしゃれな洋生菓子をよく知っていらっしゃる!

さて、今月号Numero TOKYO見ましたか??
中に入ってるNumero OSAKAにて、Creative Center Osakaが載ってるのです。
ヤノベケンジさんのトラやんが大阪を色んな所旅するのですが、なんと名村にも遊びに来てくれたんです◎

4階のドラフティングルームで跳ねるトラやん、パルティッタではっちゃけるトラやん、埠頭で黄昏るトラやん。


実は上の写真ページに1箇所だけ名村で撮ったものが載ってます、どこかわかりますか?
正解はこちら。

とはいえどこかわからないですよね。埠頭の方に抜けるとこにあるベンチなのです。パルティッタの横にあるんですよ


色々機会あって載せて頂くことは多いのですが、“ファッション誌”なんてちょっと嬉しいですね。
昨日はオールナイト終了後にぱらぱらとNumeroをめくっていたら、もうーーー 物欲がMAXX!
特集が「週末ソウル案内」なのですが、もう、とても買いに行きたい。とても韓国に行きたい。

目に毒が集中します。物欲収まらず。

化粧品、靴、サンダル、クラッチバック!あぁーこの載ってるバングルも、、いい!あ 毛穴ひきしめ!きになる!
もうとまらない物欲。



そんなこんなで、
『7・8月合併号Numero TOKYO』是非!お手に取ってみてくださーい◎




CCO/かい

20090604: BC劇団構想が募集を締め切りました。

CCOの日々
6月に入りましたね こんにちわ、スタッフの細貝です。
6月、もう少し暑くなってくると、もみじが見ごろ迎えます。

もみじと言うと赤いものを想像しますが、夏のうっそうとした暑さの中、青々と葉を伸ばすもみじを見るのも とても良いものです。
数年前は京都に住んでおりまして、この時期は自転車で東福寺に行ったものでした。

さて、6月2日でBC劇団構想の募集も締め切りを迎えました。
「BC劇団は規定人数以上の参加者が集まらなければ企画は中止になる」という条件の下、募集を行っていました。



『というわけで本日はその劇団作業日でした。
ここからは作業報告です。

現在は参加者募集期間の真っ只中で、6/2までに規定人数以上の参加者が集まらなければ企画は中止になる。
これは、規定以下の人数で公演を行っても採算の取れるものにはならない可能性の大きさを考え自ら提出したリスク切りのポイントであり、また企画を成功に導くための作戦でもある。
現在応募はまだ規定に達していない。』


※奥の人が企画をしているの窪木さんです。

BC劇団構想の記事より抜粋しました。
5月13日に書かれたもので、現在はお陰さまで定員に達しました。ほんとうに良かったです。
とはいえこれはスタート地点になるのですが。


面談に毎日いろいろな人が来るのですが、ほんとに意外なほど、いろーんな人が集まります。
たまたまイベントのバー手伝いで来た人や、将来を夢見る中学生、あるいは学校の先生。
なにやらとても楽しいことになりそうです。

メイクさん照明さん衣装さん映像さん。スタッフも、超・揃ってきてます。すごい
6月の中旬に初顔合わせがあるらしいです。
その際には、ぜひ取材に入りたいと思います。乞うご期待。






CCO/かい

20090611: 6月7日はダーツの日。

CCOの日々
こんにちわー スタッフのかいです。
関西も梅雨入りしたようで、じめじめと、なんとなく蒸し暑い季節になりました。
先週末はとても良い天気だったのですが、あっという間の下り坂です。

さて、そのお天気に恵まれた先週末、ブラックチェンバーではダーツのイベントが開かれました。
前日に7段の客席用ひな壇を5時間かけて組み、2階奥のホワイトチェンバーにはダーツの機械が両サイドにずらりと並びました。


今回は7段の客席をイベントスタッフさんと一緒に組み作業をしたのですが、なかなかの壮大さと達成感でした。
まずは舞台機材の“馬足”を平台に打ちつけ、“抜き板”という支えのような板を馬足と平台に打ち付けていきます。

一番奥に見えるやったら高い木のベンチみたいなものが、すでに打ち付けが終了し、立てたものですね。

このようにして天板となる板に、それを支える“足”を付け、支えとなる抜き板をうちつけていくのです。
おわったらひっくり返し、徐々に低いものを作っていき、最終的には階段状に降りられるぐらいに、下まで同様の作業を繰り返します。
そうすると、このような形になっていきます。


次に、骨組みが出来たら上にパンチカーペットを釘打ちして敷いていきます。
こんな感じに。



そしたら椅子を上に並べていきます。



終わるとこんな感じに。きれいでしょ

スタッフさんは皆さん初めての舞台機材だったのですが、とてもチームワークの良い方々で、時間通りに組むことが出来ました。

イベント中はこんな感じに。

ダーツの機械とブラックチェンバーのアンダーな雰囲気の黒壁が、やたら合う!!!!!!!
かっこよかったです。
ホワイトチェンバーでは予選が行われ、こんな感じに。

ずらん

ずらり



仕込もバラシもとっても大変だったのですが、とても雰囲気の良いイベントでした。
今年の11月にも開催予定なので、お楽しみに!





CCO/かい

20090612: 本日は撮影です。

CCOの日々
こんにちわー スタッフのかいです。
昨日の午前は湿度の高い日でしたが、今日は天気良いですね!
明日は良い週末になりそうです◎


さぁ!今日も今日とてバタバタしております。
本日は撮影が入っています。
昨日は仕込み&撮影で、今日は撮影&バラシですね。

撮影場所は4階です。
4階は昔原寸大の図面を制作していた場所で、梁が低く作られており、柱が無いのです。
とても異質な雰囲気と迫力のある場所です。





バタバタしていた理由は他にもあり、うちの最強タッグこと外部事業部の岡田さん&緒方さんが、打合せがてらいらっしゃっていたからなのです。なんともまぁかしましく、非常に楽しい空間でした。今はワークショップフェスティバルにかかりっきりで、私もお手伝いしていますが、わたわたと大変そうにしておられました。

光栄なことにワークショップフェスティバルのプレスリリース作成を頼まれたので、更新が1週間ぐらい空いているときは、この作成作業をしていました。



そんな元気の良いお二人に、プラスで台風みたいなうちの社長

が来ましたので、もう、狭い事務所の中を吹き荒れる嵐・・
本日は撮影で7時半ぐらいに来たのですが、気づけば今は17時です。


あ そうそうまた書きますが、今回のスピリッツに載ってるバンビ?ノ!見ましたか??
現在バンビ?ノの主人公の伴が働いているレガーレが、ART COMPLEXビルをモデルにしているのです。

今までは事務所と外観がズバーンと出るぐらいでしたが、今回はなんとホールで照明の吊り込みまでしています!
何から何までそのまま載るので、嬉しいし、楽しみです!
また次回、写真と図説つきでお届けしまーす◎◎



CCO/かい

20090614: レガーレ・ARTCOMPLEX1928

CCOの日々
こんにちわースタッフのかいです。
前回予告しました、レガーレことART COMPLEX1928です。
今スピリッツで連載しているバンビ?ノ!が、京都のART COMPLEX1928をモデルにしているのです。
ART COMPLEXグループとしては嬉しいかぎり!

さて今回のレガーレはなんとー・・・、


照明吊ってます・・!驚きの展開。まさか照明まで吊るシーンが出てくるとは・・!
設定では結婚式の二次会などを行うイベントホールだったはずですが、ここまで描いてくれるとは・・!照明吊ってくれるとは・・・・!
思わず速攻買って、事務所のスタッフに見せました。
「おぉーー!照明吊っとるやん!」
やはり見る所は同じようです。

こっちはステージ側から見た様子なので、ホール上、事務所がある4階が見えます。
左手に積まれているのは平台ですねー 舞台機材のアレです。細かい・・!
漫画では何気なく描写として描かれていますが、実際に置いたり積んだりした方としてはなにか感慨深いものがあります。
肖像画出来たのを見ているような気分です。

こちらのシーンは先ほど言っていた事務所前4階のバルコニーみたいになっている部分です。
「自分の雄としての優位を―」
と窮地の主人公・伴に言い聞かせているシーンですが、もう下の木目のタイルが気になってしょうがありません。そこでMTした思い出やコンドルズ前の仕込みの様子がその床板によって思い出されます。

最後はこちら。

1928ホールへ続く階段です。古い建物なので、狭くてタイルの古い階段なのです。

んーーー 今回もどっぷり1928ですねー。横浜のART COMPLEX1928です。(設定では横浜に出来た2号店なので)
今事務所にこの号のスピリッツが2冊あるのですが、家に帰ったら自分が買ったのがもう1冊あります。
ART COMPLEXが舞台になったことで、確実に3冊ぐらい、売上部数が伸びたでしょう。
でももう出す所も無くなって来たはず。
今度は地下にあるアンでパンダンが出るかもしれないですね!要チェックです◎





CCO/かい


20090618: ダニエル・ローゼンさん

CCOの日々
こんにちわー スタッフのかいです。
最近、心斎橋のfull broomへ行きました。
一度クリエイティブセンター大阪に見学に来てくれた外国人のダニエル・ローゼンさんのパフォーマンス・ライブがあったのです。
ダニエルさんはとても日本語が上手で、上手というか、不便なく会場の打合せが出来るほど日本語が話せる方で クリエイティブセンター大阪に見学に来られた際「こんなに日本語しゃべれて、引くでしょ?」なんて言えるぐらいに日本のソウルを知りきった方なのです。

ボンヤリ。写真がブレてますが。

ダニエルさんは陶芸を行っており、現在は輪派絵師団に所属されているとのこと。
パフォーマンスでダニエルさんはVJを行っており、陶芸のろくろの上に中継用の固定カメラを仕掛け、ろくろの上で回る絵の具や、散らしたアルミなどを 舞台上に投影していました。
舞台上の投影場所にはダニエルさんが作った作品がすだれのように垂れ下がり、映像の半分がそのすだれに、半分が壁に映し出されてしまうと もう不思議な何かきれいなものが、くるくるくるくると映るのです。

アイディアもんのDJでした。
まわるろくろの上で、アナログVJをするのです。
「アナログでしょ」と笑うダニエルさん。確かにアナログですが、映像のような滑らかなリズム感が無いのが良い。

久々にまた外で一杯飲んだらまたすぐに変な感じに回ってしまい、またまた早退でしたが、店内の雰囲気もとても良く 非常に解放的な気分で ゆったりと楽しませて頂きました。


ちなみにダニエルさん個人でも個展などをされていますので要注目。
ただ開催が東京なので残念。

この不思議な形の浮いた物体がダニエルさんの作品です。
作品集を見せて頂いたときに妙ーーーー に気に入ってしまって!とても欲しくなったのですが、個展は東京です。
機会あれば行きたいですね




CCO/かい

20090619: BC劇団構想の初顔合わせがありました。

CCOの日々
今日はとても暑い!です!スタッフのかいです。
昨日はBC劇団の初・顔合わせ兼配役オーディションでした。
14:00から配役オーディションが開始され、計3回ほどワークショップ形式を用いて、パルティッタにて行われました。

ちなみに、BC劇団構想とは、クリエイティブセンター大阪のディレクターである窪木が企画・主宰する クリエイティブセンター大阪のレジデンス・カンパニーを公募で作る!という企画です。


ワークショップの内容は大まかに3つ。

?体をみんなで動かす所から、ダンスへ繋げる。
?実際に芝居に使いそうなセリフを使ってせりふを読む。
?ちょっとした掛け合いの脚本を二人一組で行ってみる。

というような内容だったそうです。

セリフの読みは、各自5分で読込んでもらったあと、実際に声に出して読んでもらったそうです。
『色んなアプローチはあるが、ばっちり思ったとおりに読んでくれる人もいるし ぜんぜん違うアプローチだがこっちの方が面白い!と思わせるような人も居た』とのこと。
また、通るような発声では無いのに、妙にいい と思わせてしまうような人も居たそうで、なかなかに楽しみです。

その後はみんなで交流会です。






最終的にBC劇団は30人ほどの人が集まり、みなさんとても個性的。
本当に様々な人が集まったので、早くプロフィールページでもアップして欲しいです!


さて、すごい人がすごいのではないなー すごい人は普通にいるなぁ。という印象を、最近とても持ちます。というのは、最近ワークショップフェスティバルに関わっているからでもあるのですが。
今回の200 DOORSの一覧を見ると、まぁーーー 実にさまざまなワークショップがあるのです。
こんだけたくさんの凄い人たちを見ると、凄い人はとても一般的に居る。みんな一芸持っとるなー と思います。
高尚な、凄いアーティストだけが凄いことは無いなぁ と。

今回劇団構想に集まって来た方々も、昔○○をやっていた 働きながら○○をしている と、 みなさん埋もれたダイヤ、必ず持ってたりします。
ダイヤは手に入らないものじゃない 結婚の折、何かの折、 意外とみんな持っとる。母親から貰ったとか。普段は出さないけど、みんな意外と持っとる。
そんなダイヤを今日は、、 という日に出してみんなで集まったら、何カラットかわからない、とてもでかいダイヤになると そういうことなのですね。この劇団構想とか、ワークショップフェスティバルは。

そういった一般の中の、タンスの中のダイヤが どんどん掘り起こされると良いですねー
とてもカッティングのきれいなアーティストのダイヤより、とても大きな輝きを放つことでしょう。
それにその方が楽しそうです。

今後のBC劇団の予定は、7月にチラシの撮影会とワークショップがあるそうです。
それまでは、チラシ作成スタッフや映像スタッフなどで集まって、広報準備が行われるそうです。
実はBC劇団、チラシを作れる人も、映像作れる人も、衣装もメイクもヘアメイクですら スタッフがいらっしゃいます。公募で。素晴らしい。とても楽しみです。

また進展があれば報告します。お楽しみに!





CCO/かい