20140729

芸創ラボvol.37『バットシェバ舞踊団 レパートリーWS』

Category:芸創自主企画芸創ラボ
芸創ラボvol.37『バットシェバ舞踊団 レパートリーWS』

最初にウォームアップを行い、その後振付を学びます。
来日公演で上演する新作作品、「TRESESES」と「GOLEM」を行います。

■日時:7月29日(火)19:30?21:30
■受講料:2000円
■会場:芸術創造館・3階 演劇練習室大
■講師:
柿崎麻莉子(講師兼通訳)
マリオ・ベルモンデ・ギル
ケレン・ルーリー・パルデス

■対象:コンテンポラリー経験者。初中級。

■ご予約・お問い合わせ:大阪市立芸術創造館 
電話予約: 06-6955-1066 (受付時間:10時?22時)
MAIL: kakakikaku2014@gmail.com
→件名:WS申込み
(1)お名前、(2)連絡先を記入の上お送りください。

■詳細:
今夏、現バットシェバ舞踊団アンサンブルダンサー2名と、イスラエルのダンスカンパニーthe L-E-Vダンスカンパニーのダンサー1名が来日します!
それぞれのバックグランドは、競歩選手や新体操の選手と、異色な経歴のメンバーでその高い身体能力から生み出される動きは、目から鱗!必見です!
今回のWSは来日する作品の振付を実際に踊ってみる動きのWSです。
西日本では大阪だけの開催となるWSにぜひともご参加ください。
※マリオ・ベルモンデ・ギルは、今年の9月からバットシェバ舞踊団のカンパニーメンバーとなります!

■講師プロフィール:
・柿崎麻莉子                   
1988年、香川県出身。幼少期より新体操選手として活躍。筑波大学に進学後、コンテンポラリーダンスに出会い夢中になる。平原慎太郎、Carmen Werner、山田せつ子等の作品に出演。2010年より平原慎太郎や東海林靖志等とのプロジェクト、瞬プロジェクトに参加。2011年韓国国際ダンスコンペティション(KIMDC)にて金賞を受賞。2009年よりKaka企画と称し地元香川県を中心に新作を上演し続けている。香川県での文化振興貢献が評価され2013年度香川県芸術新人賞を受賞。2012年よりBatsheva ensembleにて活動中。

・マリオ ベルモンデ ギル (Mario Bermudez Gil)
1987年、スペインのJaen出身。競歩選手として活躍。2008-2010年Centro Andaluz de Danza in Seviliaにてストリートダンス等を学ぶ。 2010-2011年Jennifer Muller、2011-2012 年Gallim Danceにてダンサーとして活動。 2012年よりBatsheva Ensemble にて活動。2014年よりBatsheva dance companダンサー契約。アメリカで活動中に振付・発表した作品「sexy silly solo samba」はニューヨークタイムズ紙にて紹介された。

・ケレン ルーリー パルデス (Keren Lurie Pardes)
1991年生まれ。イスラエル、エルサレムの芸術高等学校にてダンスを学ぶ。Bikurei Haitimにてナオミぺロヴとオフィルダガンによるダンストレーニングプログラムを専攻。2011?2013年Batsheva Ensembleにて活動。2013年夏よりシャゴンエイヤールとガイベハーが監督するthe L-E-V dance companyに参加し、ダンサーとして活動している。