«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 45 | 46 | 47 || Next»

2014-12-27

芸創ラボ vol.40『シチュエーションコメディの作り方』

Category:芸創自主企画芸創ラボ
芸創ラボ vol.40『シチュエーションコメディの作り方』

■日時:12月27日(土) 19:30?21:30
■受講料:2,000円
■講師:松本陽一(劇団6番シード)
■会場:大阪市立芸術創造館・演劇練習室中B
■定員:10名

■ご予約・お問い合わせ:大阪市立芸術創造館 
・電話予約: 06-6955-1066 (受付時間:10時?22時)
・MAIL: art-space@artcomplex.net
→件名:シチュエーションコメディWS受講希望
(1)お名前、(2)お電話番号、(3)御所属 を記入の上お送りください。
こちらからの返信をもって、予約受付完了となります。

■持ち物:動きやすい服装
■内容:
劇作家・松本陽一による演劇ワークショップです。
自分を生かしたキャラクター造形とは? リズムが生み出す会話のテンポとは?
シットコムの極意とは?「最高速コメディ」と言われる松本コメディを体感してください!

■講師プロフィール:
2001年に、脚本・演出としてデビュー。
その後は精力的に新作を発表し、テンポのよい言葉の掛け合いと、
伏線を張りめぐらした展開の脚本、松本独特のコメディーセンスをとりいれた
ポップでスタイリッシュな舞台が人気を博す。
www.6banceed.com/

2014-12-18

芸創ゼミvol.70『舞台制作者の仕事、徹底分析!』

Category:芸創自主企画芸創ゼミ
芸創で予約受付中
芸創ゼミvol.70『舞台制作者の仕事、徹底分析!』
舞台制作に関わる人たちが身近な課題をテーマに話し合う「オープンサロン」、大阪で初の開催!
職能が分かりづらい「舞台制作者」の仕事。しかし、優秀な舞台制作者が団体にいることにより、将来が大きく変わったケースは数えきれないほどあります。

「優秀なプロの制作者」とはどのような人なのか?
なぜ団体に制作者がいると未来が広がるのか?
制作者とアーティストのよりよい関係とは?
そして、どうすれば「プロの制作者」になれるのか?

カンパニー制作者をはじめ、劇場や制作会社、フリーで働く制作者、制作志望の方、制作について悩んでいる団体主宰者など、集まった方々と共に考えたいと思います。

■日時:2014年12月18日(木)19:30?21:30 (20分前開場)

■参加費:1,000円(税込)

■お申込み・お問合せ:(当日飛び入りも歓迎です!!)
お申込みフォームはコチラ
電話予約:芸術創造館 06-6955-1066(受付10:00-22:00)

Next舞台制作塾事務局
TEL.03-5628-1325[営業:11?18時 休業:日・祝・第4水曜]
e-mail Next@next-nevula.co.jp


詳細情報

2014-12-08

【エントリー受付中】DANCE COMPLEX vol.11

Category:公演情報
芸創自主企画 , 芸創で予約受付中
【エントリー受付中】DANCE COMPLEX vol.11

参加要項
エントリー受付中!
12月8日(月)締切

■開催日時:2015年1月27日(火)15:00?19:00 (予定)
■ゲスト:
 QUICK(MuDA)+KATSU(Alphact) 
 今 貂子(舞踏カンパニー倚羅座)
 藤井b泉+宮原由紀夫(素我螺部)

[ ダンスコンプレックスとは… ]

ジャンル・年齢・チーム人数無制限。
雌雄を決するのはオーディエンスジャッジ。
豪華ゲストダンサーによるショウケースも見逃せない ──
2007年第1回大会から継続して開催されている
前代未聞のダンスコンテスト、
それが「ダンスコンプレックス」。

優勝賞金10万円を勝ち獲るのは、あなたかもしれない…!!!

☆詳細はコチラ

2014-11-29

ワンコインスタジオライブvol.32『クラシックギター・映画音楽とクラシック特選集』

Category:芸創自主企画
ワンコインスタジオライブvol.32『クラシックギター・映画音楽とクラシック特選集』

■日時:11月29日(土)15:00?16:00
■料金:500円
■定員:30名(要予約・先着順)
■会場:芸術創造館2階・音楽練習室大
■出演者:亀井貴幸(ギター)
■ご予約・お問合せ:
芸術創造館 TEL:06-6955-1066

【プログラム】
ひまわり(H.Mancini)
太陽がいっぱい(N.Rota)
アルハンブラの思い出(F.Tarrega)
古代日本旋法による踏歌(伊福部昭)
ほか

《ひまわり》他、イタリア映画の切ないメロディをギターでお送りします。
また、後半にはクラシックギターのために書かれた名曲をお楽しみください。

《古代日本旋法による踏歌》は、今年生誕100周年の伊福部昭の作品。
ゴジラのテーマでも有名な伊福部が古代日本の響きを想像して再現した力作です。


2014-11-19

芸創ラボvol.39 『舞台照明デザインWS「光と影の”間”を探検する」』

Category:芸創自主企画芸創ラボ
芸創で予約受付中
芸創ラボvol.39 『舞台照明デザインWS「光と影の”間”を探検する」』

光そのものを観察する、舞台照明デザインのワークショップ!

■日時:2014年11月19日(水)18:30?21:30
※15分前より受付開始
■受講料:2,000円
■会場:芸術創造館・3階 大練習室
■持ち物:黒鉛筆(消すことのできる黒の筆記具)、消しゴムなど
■対象:
・舞台照明・演出家
・舞台照明に興味のある方ならどなたでも

■ご予約・お問い合わせ:
大阪市立芸術創造館
・TEL:06-6955-1066 (受付時間:10時?22時)

■内容:
舞台照明のデザインをする時に、演出家との意思疎通が上手くできない、意図する照明が上手く作れない、といった経験はありませんか?
今回の芸創ラボでは、身近な光や影を観察する事で、自分が何を感じているかを知り、人に伝えるための力を強化するワークショップを行います。
講師には「KUNIO」「木ノ下歌舞伎」「烏丸ストロークロック」「下鴨車窓」などの照明を手がけ、デザインユニット「サギノモリラボ」を主宰する、京都の舞台照明デザイナー・魚森理恵さんをお招きします。

光と影の間にある無限の視覚世界を探検することで、光についての新たな実感と、光を語ることばを発見することができる本講座。
舞台照明の方にかかわらず、どなたでもご参加ください。

KUNIO08


詳細情報
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 45 | 46 | 47 || Next»