2008-03-19

芸創ゼミVol.18 山納洋&松原利巳(プロデューサーズ)

Category:公演情報
芸創自主企画芸創ゼミ
芸創ゼミVol.18 山納洋&松原利巳(プロデューサーズ)

”第9回 制作者のための公開講座”
 『関西小劇場の未来予想図☆』


★もと扇町ミュージムスクエア(OMS)プロデューサーの山納洋さんと、
もと近鉄劇場プロデューサーで、現在当館の副館長でもある松原利巳さんによる
ダブルプロデューサーの対談です。

関西から全国区になった小劇場劇団たちの活躍を育んできた主要な劇場のプロデューサーたちに、かつて関西の小劇場界が元気だった頃からいまの状況に至るまでを歴史を追うようにざっくりと語っていただきながら、これからの関西小劇場の課題も参加者のみなさんと探れれば・・・という、今年度のゼミ集大成の企画デス。


■日時:2008年3月19日(水) 19:00?21:00(終了予定)
※受付は15分前(18:45)より、会場前にて開始

■会場:芸術創造館2階 演劇練習室中B

■定員 20名

■料金:当日精算 1,000円
懇親会 500円(準備の都合上、できるだけ事前にご予約いただけますと嬉しいです。)

※芸術創造館までお電話にてご予約下さい。  TEL 06-6955-1066

■講師プロフィール
山納 洋(やまのう ひろし) 

1971年生まれ。兵庫県西宮市出身。
93年大阪ガスに入社。96年より神戸アートビレッジセンター、97年より扇町ミュージアムスクエア、03年より扇町インキュベーションプラザ、06年より(財)大阪21世紀協会において企画・プロデュース業務にあたる。
一方でトークサロン企画「扇町Talkin’About」、日替わりマスター制のバー「Common Bar SINGLES」、カフェ空間のシェア活動「common cafe」などをプロデュースしてきた。