月別スケジュール

2014|06|09|
2013|04|05|11|
2012|01|02|03|
2011|01|02|06|10|11|
2010|01|02|03|04|05|10|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2008|10|11|12|

2009-02-07

バンタムクラスステージ 『ルルドの森(再)』モニター感想

Category:観劇モニター感想
【黒木さん・2/6(金)】
衝撃的な話でした。話の展開も全てがインパクトがあり引き込まれるようでした。
前半は単なる猟奇的な殺人事件の話かと思っていましたが、そうではなくて…。
また、”ルルドの森”という男女の悲恋ドラマとの関係はどうなるのか…という事に疑問を持ちながら観劇しつつ、その交差したあたりは背中がぞくっとするようでした。
結末は観てのお楽しみといったところですが、そのストーリー展開はとっても良かったです。

【小山さん・2/6(金)】
サスペンスものという事で、楽しみにしていました。
女性が誰しも、若くいたいと思う気持ちが、変形したかたちになると、こういう話になるのかなという印象でした。
ストーリーは謎ときのようで、のめり込みました。話が進むにつれて、かなり衝撃的で、背筋が寒くなりました。

【手塚さん・2/8(日)】
これまで観させていただいた芸術創造館でのお芝居の多くが、多かれ少なかれお笑い的な要素を含んだものがほとんどだったのですが、今回の「ルルドの森」は本格的なサスペンスで、夢中になって観ました。

役者さんも皆素晴らしいし、
(特に菱見勉役の方。舞台に出できた瞬間から何かがありそうな雰囲気があって引き込まれました。平岡香乃子役の女優さんも良かった!)
舞台セットも、高く広く組まれている木材が「ルルドの森」の「森」を表しているようでもあり、不均一に組まれていることで、物語の難解さを表しているようにも感じました。かっこいいセット、音響や照明もすごく効果的で良かったです。

ただ、申し訳ないのですが、とても難しいストーリーで、結末がどういうことであったのか分からなかったです。私が観させて頂いたのが、公演の最終回だったのが残念!!そうでなかったらもう一度観て解明したいと思っています。



2009-02-23

清流劇場『モザイク』モニター感想

Category:観劇モニター感想
清流劇場『モザイク』

【2/18(水)・手塚さん】
 ストーリー、舞台のセット、音響、そして役者さん達すべて、本当に素晴らしかったです。
この主婦モニターをさせて頂くようになってから、「お芝居って面白いなあ」と思うようになり、家族や友人にもすすめているのですが、今回の『モザイク』が初観劇となったなら、どっぷりと「お芝居」にハマッてしまうことは間違いないです!!
 私が主婦モニターとして観てきた舞台では、今回の『モザイク』が一番好きです。
ストーリーは、タイトルにもなっている『モザイク』のように様々な人物が、それぞれ色んな思いを持って生活していて、それぞれがなかなか相容れないことばかりだけれど、でも、そんなそれぞれが集まって、難しいけれど楽しい世の中があるんだよなあ…という風に私は理解しました。
 舞台だけではなくて、観客席側も使って役者さんがお芝居されることも、また役者さん達の演技が素晴らしい事もあってか、なんだか私もストーリーの中に入り込んでいるみたいに、色んなことを考えながら観させて頂きました。
音響も、私がこれまで観てきたお芝居は、比較的、爆音に近いくらいの大きな音や音楽を要所要所で効果音的に使われているものが多かったのですが、
今回はひとつのテーマ曲を少しアレンジはしてあるものの、ただ繰り返すだけだったのは、とても印象的でシンプルでよりお芝居に集中できた気がします。
 中華料理屋さんの回るテーブルの大きいバージョンがどんと置かれた舞台もすごく格好良かったです。回るテーブルを回すカニ2匹もいちいち可愛らしかった!!
 あと4日間ある舞台なので、是非周りの人に観るようすすめますね。


【2/20(金)・黒木さん】
ユニークな設定で最初の便器掃除のシーンから目を引きました。
コメディタッチではあるものの、1つ1つのセリフには考えさせられるものがありました。
人間社会における価値観の違う人どうしの共存、融合…永遠のテーマなのかもしれません。
でもやっぱり相手を思う…想う気持ちが一番大事なのかなあ…と改めて感じたひと時でした。
セットや舞台構成なんかもよくできていたなあと思いました。


【2/20(金)・小山さん】
今、世の中でおこっている雇用不安をテーマに働くって何なのか、生きるって何なのか…。日常でも何気なく考えたりはするけど答えが出なくて、うやむやにしてる。
「私もそんな事考えた事あるわー」とうなずけると思いながら観ていました。
でも、結局答えって出ないんですよね。それが人生なのかなって思ったりして…(笑)
舞台演出では、回る舞台で2場面にし、人力で舞台転換しているのが、大変そうだけどおもしろかったです。


【2/21(土)・木村さん】
初めて観劇モニターとして、朝からもちろん主婦としての家の用事をすませ、3時ギリギリに到着できました。
でも今日は、いつもより自分として元気で家事をこなせました。観劇させてもらえる”特別な日”だからです。
公演はというと、もっと小難しいのかと思いましたが、わかりやすく、人間味のある、現実離れのしていない内容でした。
だから元気づけられました。誰が悪でもない、善でもない。気持ちの持ち方や、自分の置かれた立場で、その時を大切に、まず生きていく大切さがしみじみ伝わってきました。
小学1年生の子供も同席させていただきましたが、全く飽きる事もなく、楽しかったと言っていました。
これからの公演も楽しみです。ありがとうございました。