月別スケジュール

2014|01|05|06|09|
2013|04|05|11|
2012|01|02|03|
2011|01|02|06|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|10|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2008|10|11|12|

2009-12-05

モニター感想・懐中電燈レーシング『振り返れば青い空』

Category:観劇モニター感想
懐中電燈レーシング『振り返れば青い空』
懐中電燈レーシング
第5回公演『振り返れば青い空』?3minutes.そして想いが駆けめぐる?

■日時:12月5日(土)15時/19時
     12月6日(日)13時/17時
※開場は開演の30分前
http://www.artcomplex.net/art-space/sche/index.php?itemid=4484

【吉永さん・12月6日(日)】
一本のビデオから…というのが少し無理があるように感じて、ストーリーにいまいち入りにくかった。浜中家と川田ブライダルのつながりはおもしろく、後半になるほどお話に引き込まれたので、前半がもう少し必然性のあるきっかけだったら良かったと思います。
例えば…ビデオに(それこそ呪い…じゃないけど)死んだ岩田さんが映っていて、その謎をとくとか…。だったら、雅さんも鮫島さんも無理なく流れに乗れたように思うけれど、登場から最後まで“どういう存在??”と、?マークが消えなかったです。
でも、鮫島さんは間の取り方も絶妙で、いいキャラだなあと一人際立っていました。
前半に、意味が分からんなあーと?を落としてきたのを、後半一つずつ拾い集めるようにつながり、最後、華やかな結婚式のシーンに集約されるのはステキでした。
あと、舞台ならではのセット。ソファとレジ(台所)にいろんな役割を見せているのが、個人的にステキな方法で、いいなあと思いました。

【藤野さん・12月6日(日)】
前半がうるさくて、ストーリーに入りにくかった。後半伝えたい内容が分かりました。コミュニケーションの大切さを伝えてよかったと思います。


2009-12-09

モニター感想・劇団壱劇屋『ゴゴのコブチャ』

Category:観劇モニター感想
劇団壱劇屋『ゴゴのコブチャ』
劇団壱劇屋・第11回公演 芸創エクスペリメンタルシアター
『ゴゴのコブチャ』

■日時
12月9日(水)15:00/19:30
   10日(木)13:00/18:00
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前。
(上演時間は90分を予定。)
http://www.artcomplex.net/art-space/sche/index.php?itemid=4279

【手塚さん・12月9日(水)】
良くも悪くも若々しさが溢れる舞台だったなと思います。
2つのお話が暗転することもなく、一瞬で入れ替って交互に進んで行くのは、とても見事で勢いがあって良かったです。ラストシーンまで、2つのお話がどういう風に交わっていくのか全然分からなかったのですが、最終的には「なるほど?!」でした。
残念だったのは、割とどの役者さんもセリフが聞きづらかったことです。音響と被ってしまって、分からなかった部分も何度もありましたが、大声で叫ぶセリフも早口で勢いのあるセリフでも、やっぱり観客には、きちんと話の流れが分かるようなセリフ回しが大事かなと思いました。聞きとれないセリフがあることで、少しストーリーが分からなくなる部分があったので…。
お芝居の中にダンスのようなシーンが幾つも入ったり、動きがスローモーションになったり、逆回転になったりするのは、なんとなくミュージカルを観ているような感じもあって楽しかったです。どんどん変っていく照明も良かった!
何より、役者の皆さんが、きっと仲が良いんだろうなと感じられる和気あいあいとした雰囲気だったのが伝わってきました。

【黒木さん・12月9日(水)】
本編は豚シャブ屋の昆布茶の出汁が切れて、開店するべきか否か、同じ味のようなものを探しだして誤魔化すのか・・・という事に奔放する従業員達のお話ですが、本編以外のところが、パントマイムを用いての実にユニークな動きを取り入れ楽しませていただきました。
また、照明も凄かったです。専門的なことは分かりませんが、コンピュータ制御なのでしょうか・・・動きに合わせてよく考えられているなぁと感心して観ていました。
あとは今一つ、役者さんの台詞が音響(BGMの音量)との兼ね合いもあり、はっきりと聞き取れない部分が何場面かあったのが残念でした。

【吉永さん・12月10日(木)】
最初、爆音(!)でペットボトルが転がるシーンで、『あー、ちょっと苦手な芝居かも…』と思うこと2分。
3分後にはダンス(?)パフォーマンス(?)に引き込まれました。役者さんが、たった8人とは思えない。すごい運動量だろうなと感じましたが、観ている間はそんな風には思わせない軽快さ!
舞台セットも登場人物も少ない少ない、会話中心の芝居が好きなので(ミュージカルさえ苦手)、こういうダンスっぽいのはちょっとしんどいと思ったのも最初の30分くらいでした。むしろ、だれそうな時に、爆音&ダンスで良かった。
現代のしゃぶしゃぶ屋紅と、遠い異国の地、珍味界が果たしてどうリンクするのか、ラスト10分まで全く接点なく進んでいたので、このまま接触なしで終るのってシュールすぎると思ってました。が、ゴゴが紅屋に走りこんで来たことで、遠い異国の地じゃなかったんだーと納得。
二つの世界のずれは、場所のずれでなく、時間のずれ(?)だったんだーと見せられました。紅屋のダラダラした感じと。真反対で珍味界のドタバタがちょっとついていけず、誰がどこの国の誰で、どうなってんの??とちょっぴり分かりにくかった。(役者さんの雰囲気が似ている人がいたせいかもしれませんが…)
馬鹿馬鹿しいこと、真剣にやっているので、その真剣さに吹き出し笑い、最後の方はクセになりそうでした。
だらだら感たっぷりの紅屋だけの物語を楽しんでみたかったな。でも、ゴゴのはじけっぷりは、おもしろかったです。

【藤野さん・12月10日(木)】
内容、テンポとストーリーの展開に最後までついていけなかった。前列の若いお客さんが笑っているので、世代間の差を感じました。
演者さんたちの汗いっぱいの熱演のダンスは、とても良かったです。

【坂井さん・12月10日(木)】
今回初めて観させて頂きました。全員若い方々なので、とにかくパワフル!マイムや音効果が絶大だった様に思います。効果音が小気味良かったですね。
昼営業と夜営業の間の数時間の現実と、三大珍味界との展開で世界が広がっていて、最後まで楽しませて頂きました。衣装の着替えとかは、大変だったでしょう。汗みどろでしたね。
今までのファンは、各役者をご存知な様で、私なら旭区民として、森小路のギャグがここだけかな!という感じでしたね。

2009-12-11

モニター感想・魔法のチョコレート5th stage『ゆきの天使とクリスマス』

Category:観劇モニター感想
魔法のチョコレート
魔法のチョコレート5th stage『ゆきの天使とクリスマス』

■日時:
12月11日(土)15:30/19:30
12月12日(日)13:00/17:00
http://www.artcomplex.net/art-space/sche/index.php?itemid=4375

【黒木さん・12月12日(日)】
小学生の子供同伴で観劇させていただきありがとうございました。しかしながら、小中学生向きの内容もそれなり・・・という印象でした。
クリスマス向けの温かいお話なのですが、役者さんも2?3名以外は学園祭の様な台詞回しで、とても楽しかったねぇ・・・とは言えませんでした。
子供からの、また行きたいとの言葉は聞けず仕舞いでした。せっかく同伴させていただいたのにすみません。


2009-12-18

モニター感想・劇団SE・TSU・NA 第28回公演【sideA】SANTA×CROSS

Category:観劇モニター感想
劇団SE・TSU・NA【sideA】SANTA×CROSS
劇団SE・TSU・NA 
第28回公演【sideA】SANTA×CROSS

■日時:12/18(金) 15:30? 19:30?
    12/19(土) 15:30? 19:30?
    12/20(日) 13:30? 17:30?

【手塚さん・12/18(金)】
12月にぴったりの心温まる素敵なお芝居でした。
4人のサンタクロース見習いに、それぞれのコンビのトナカイ達、みんなのキャラクターが色々で、誰もがかわいらしかったです。
雪の積もった屋根の上で進んでゆくお話でしたが、その舞台セットもとってもかわいらしかった!
衣装もよく見ると本当に凝っていて、サンタとトナカイのコンビは4組がそれぞれペアルックになっていて、その衣装がまたキャラクターにピッタリで良かったです。
オリジナルのソリも良かったです。私も欲しい!!
私は、個人的には途中に入った役者さん達が、素に戻ってサイコロゲームをする部分はなくてもいいかなあとも思いましたが、その部分を見ていたら「あぁ、みんな普通の人達なのね?」と少し親しみやすく、身近にも感じたので、まあ良かったのかな?
他の劇団の舞台ではあまり感じたことはなかったのですが、今日の「劇団SE・TSU・NA」の役者さん達は美男美女が多くて、みんな顔も小ちゃくて、なんとなく芸能人を見ているようで、なんだかお得な気持ちになりました。
毎年、少しストーリーが変わって上演されているとのことなので、また来年も観に来たいです。楽しみにしています。


【黒木さん・12/19(土)】
この時期にはぴったりのお話でした。
寒い中劇場に行ったせいか、途中眠たくなる間もありましたが、最後は気持ちがあったかくなって帰ることができました。
・・・このお話こそ子供同伴でくればよかったと思いました。(^_^;)
毎日【おはよう朝日です】を見ているせいもあり、去年も今年もそのレポーターとして出演されている役者さんが出ておられて、親しみも湧きました。
最後にチラシに書かれている、「クリスマスの夜、何百何千という子供たちがワクワクしながら眠りにつくのだろう。でも、それと同じくらいの・・・いや、もっと多くの子供たちが、クリスマスケーキやプレゼントと無縁のままで夜を過ごしているのだ。」という言葉にドッキリし、「プレゼントを貰った時の驚きと嬉しさは、いつか自分が誰かにプレゼントをあげた時の何よりの喜びになる。プレゼントをあげたいと思う誰かがいること。それ以上の幸せがあるだろうか・・・。」という言葉にほっとした気分になりました。
来年も楽しみにしています。