月別スケジュール

2014|01|05|06|09|
2013|04|05|11|
2012|01|02|03|
2011|01|02|06|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|10|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2008|10|11|12|

2009-06-12

モニター感想・花組芝居『盟三五大切』ーかみかけてさんごたいせつー

Category:観劇モニター感想
花組芝居『盟三五大切
花組ヌーベル第2回公演

『盟三五大切』
6月12日(金)19:00
6月13日(土)14:00/19:00

【吉井さん・6/12(金)】
最初は「???」でした。何故、通夜と関わりが?って。
でも、観ているうちに世界へ引き込まれ、人のつながりや思い、悲しさが胸の中いっぱいに広がっています。
小林大介さん演じるお六はどうみても女性で、ただただ、演技力の高さに感動しております。あと北沢洋さんも。
是非沢山の方に観て頂きたいです。誰がみても何か思う作品であると思います。ただまあ…首のシーンがあるのでチビちゃんはムリかな。。。

【小山さん・6/12(金)】
劇団“花組芝居”の公演とあって、大変楽しみにしていました。
“花組芝居”の『盟三五大切』は、セリフも歌舞伎口調で、お通夜という舞台設定。
役者さんは全員ずっと喪服でも、その役に見えてくる演技力の高さで(ひげが生えていても女性に見えてきました)、話に引き込まれていきました。
お笑いやギャグもちりばめて、やりすぎる事なく面白かったです。
自分を騙した芸者の小万と三五郎への復讐から沢山の人を殺してしまう源五兵衛。
包丁で刺した時の血のしぶきを赤い紙テープのようなもので表現する演出は、悲惨な場面だけに生々しくならずによかったです。
沢山の人が死ぬから、お通夜という舞台設定にしてあったのかな・・・?!
とても見応えがあり、また是非“花組芝居”を観たいです。


2009-06-27

モニター感想・ムーンビームマシン『 if 』

Category:観劇モニター感想
ムーンビームマシン『 if 』
ムーンビームマシンthe Wendyhouse 01
『 if 』

■日時
6月27日(土)16:00/★19:30
6月28日(土)14:00/★17:30
★印の回はゲストマジシャン魅優と役者陣によるマジックショー『In your Face!』付き!!開演の20分前よりマジックショーが上演されます。(本編チケットをお持ちの方は無料でご覧頂けます)
※上演時間は約1時間半を予定しております。
※開演1時間前より入場整理番号を配布致します。
※開場は開演の30分前

【手塚さん・6/27(土)】
通常のお芝居に比べると上演時間が短いようでしたが、お芝居の中に踊りやアクション、スクリーンを効果的に使ったりと盛りだくさんで、とても充実した舞台でした。「ロミオとジュリエット」を基にしたストーリーは、オリジナリティがあってすごくおもしろかったです。ジュリエットが「一輪の花」であるというストリーがとっても良かったので、脚本はどなたが作られたのかなと、今、パンフレットを見たところ、舞台にも出ていらっしゃった女優さんでもあった方なんですね。舞台上でも、とても雰囲気のある方で舞台を引き締めていらっしゃいました。他の役者さん達もキャラクターの設定が本当に様々だったので、皆さんが出てくる度に次の展開が楽しみで、あっという間の1時間半でした。脚本兼、演出兼、女優さんもされていたSarahさんの舞台はまた観てみたいです。

【木村さん・6/27(土)】
急に時間ができたので、いつもと違う時間を過ごしたくて、公演を観せてもらいに来ました。いつも、果たしてストーリーが理解できるかと不安に思うのですが、難しすぎる事もなかったので良かった。
今日の公演は、全体的にバックミュージックが大きく、せっかくのセリフが聞きとりにくいところが「もったいない」と思った。
フィドル・ディ・ディーの梅田喬さんは、所作が美しく、座り方にしてもキレイでした。リオ役の和田雄太郎さんは、見せ場を作ってもらって良かったですね?。私も、「ライブ」って感じがしました。やはり、「ライブ」は細かい部分、例えば、足音や息づかいなどもよく分かり、色んな感動があります。