アートお遍路とは?

「アートお遍路」=見つけに行こう、あなただけの88サプライズ。

「お遍路さん」といえば香川県の四国八十八か所。
実は、おとなりの小豆島にも「お遍路さん?八十八か所?」があるのです。
9世紀初頭平安時代、弘法大師が小豆島の山野の各所で祈念したことが礎となったとされており、時代と共にそのルートが形成されて現在に至ります。

本堂を目指し、崖をロッククライミングして登りつめるスリリングな霊場。
まるで、映画のワンシーンにたたずむように、目の前に広がる海と山。
断崖絶壁に組まれたその寺社建築の美しさ…

「こんな素晴らしい場所があったなんて!」と驚かずにはいられません。

『これまで、知らなかったことや未知のものに、価値を与える「できごと」や「場」がアートである』と定義するならば、「これまでの価値観が吹き飛ぶほどのサプライズ」がつまった小豆島八十八か所は、その一歩ずつにアートが溢れています。

関西から、車とフェリーで3時間ちょっと。
小豆島には、写真や文書では伝えきれない、風や空、季節の訪れがあります。
有名なレジャーパークや、定番コースの夜景スポットもいいですが、今度の休みはちょっと「アート」な「お遍路」へ出かけてみませんか?

2010年02月15日 | 総合 | ↑TOP | HOME