大阪大学総合学術博物館に、行ってきました。





大阪大学総合学術博物館第9回企画展 維新派という現象「ろじ式」


今秋発表された新作「ろじ式」の公演にあわせ、その世界を体感できる展示会。博物館の中に現れたさびれた路地。

維新派の公演を観ている時って、なんだかどきどきそわそわしてしまってあーっという間に終わるイメージなのですが、今日はちょっと違いました。
留まる維新派の空気をじっくりと感じて見ることができて、なんだか、妙に不思議な気分。

歴史を覗いて、また違う視点をもつことができそうです。





こぼれんばかりの銀杏。





この下で、パフォーマンスが行われたそうです。
きっと素敵だろう。
観に行きたかったなあ。


おかみ(´・ω・`)いの
おかみの日々 : 20091208