«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»

20100619: 劇的アフター

おかみのリノベーション日記
AIR大阪の5号室
扉を開けると…

ちゃーらーらーちゃーらー


なんていうことでしょう。
薄暗かった 狭い印象の 5畳ほどの洋室が、
自然光が差し込む 明るい空間になりました。

「匠」は、現在維新派の瀬戸内国際芸術祭参加作品「台湾の、灰色の牛が背伸びをしたとき」の仕込みに行っている柏木さんです。

以前はスタッフの部屋だったので、
カオスすぎてビフォー写真はとてもとても掲載できず…。
お見せできず残念ですが、とにかくこの変化はすごいのですよ。
改装前の(見せられる)写真を、探して掲載します。
あの、人工芝に溢れていた部屋が、こんなおしゃれルームになるとは!!

ご宿泊希望の方は、ご予約の際 「5号室希望です」とおっしゃってください。
現在、新築ルームならではの香りが漂っております。
初宿泊のお客様募集中です。


おかみ(´・ω・`)いの

20100223: カウンター改装後

おかみのリノベーション日記






カラフルなタイル
白いタイル
青い目地

目地は、乾いたらもっと薄い青になる予定。
明日の朝が、楽しみです。


おかみ(´・ω・`)いの

20100206: タイル!!!

おかみのリノベーション日記
栃木から、タイルが届きました。

実はこれ、秋田の短大時代に、陶磁コースだった同級生・カレンにお願いしていた手づくりタイル。

なかなか良いサイズのタイルを見つけられなくて、今も窯で働いている彼女にお願いしていたのです。

わくわくしながら待ってました。

届いた発砲スチロールを開けたら、
キャンディのようなタイルたちがいっぱい!お菓子みたい。

どう使おうか、今から楽しみ。
忙しい中、協力してくれたカレン。
どうもありがとうー!!


おかみ(´・ω・`)いの

20100104: お宝発掘

おかみのリノベーション日記
夜行バスにて、AIR大阪帰還。
柏木さんに起こされて、新年早々風に吹かれながらの倉庫大掃除。

埃にまみれて…見つけました!





さつき旅館のマッチ。





抹茶色とさつきの花が、なかなかかわいい。

「家族的旅館 お気軽に」
家族的て…。

何十年前の代物か分かりませんが、なんと先取り感あふれるキャッチフレーズ。
ハイセンス。こりゃあ、惹かれます。

数量限定なので、改装中のどこかに飾る予定です。


おかみ(´・ω・`)いの

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»