20110724

ALEIDA GUEVARA×HABANES HABANERA アレイダ・ゲバラ緊急来日講演会

Category:協力公演
イベント
gebara

2011年7月24日(日)
□展示 open 17:00
□アレイダ・ゲバラtalk  19:00―20:30

【前売】3,000円(with 2drink)
【当日】3,500円(with 2drink)

※全席自由席となります。
※当日は混雑が予想されます。ドリンクチケットは当日開場17時より、8月5日までカフェアンデパンダンにてご使用頂けます。


【お申し込み・お問い合わせ】
ミホプロジェクト tel:075-417-4870

※当日のお問い合わせは
ミホプロジェクト tel:090-3488?2978 までお願い致します。


主催:HABANES HABANERA
協力:キューバ大使館、ゲバラセンター、スタジオ・ナダ、bon株式会社、ゲバラファミリー
協賛:ART COMPLEX 1928
企画制作:ミホプロジェクト、NPO地域環境デザイン研究所ecotone



チェ・ゲバラの娘でありキューバ親善大使であるアレイダ・ゲバラ。
自身も小児科医として世界各国を巡り活躍するアレイダが、今の日本に対し何かをしたいと思いを募らせ、
親交のあるデザイナー・林道雄に話を持ちかけたことにより今回の来日が実現しました。
父ゲバラが日本を訪れてから50年の歳月を経て、娘のアレイダが今の日本をみてどう感じるのか、是非生の声を聞きにきてください。
当日は会場・アートコンプレックスにてチェの写真や手紙の展示、また秘蔵の映像もご覧頂けます。
講演会終了後は同1928ビル地下のカフェ・アンデパンダンにてキューバパーティを行います!
チケットは現在ご予約受付中です。皆様ぜひお越し下さい!


<アレイダ・ゲバラ>
医師であり、フィデル・カストロとともにキューバ革命を成功に導いた20世紀の英雄・エルネスト・チェ・ゲバラの娘。チェ・ゲバラは1995年7月、貧しい人を救いたいと南米を旅している途中、故国キューバの革命を計画するフィデル・カストロと出会い彼に同調する。そして1956年、28歳の若さで革命に乗り出し、キューバの独裁軍事政権を打倒、キューバを独立へと導いた。アレイダ自身も医者の道に進み、南米やアフリカの貧しい子供達へ医療活動を精力的に行っている。キューバ親善大使として活躍するアレイダは、「チェ・ゲバラの娘」としてだけでなく、アレイダ・ゲバラとして世界各国の多くの人たちを惹きつけている。

<HABANES HABANERA 林 道雄>
なにものにも束縛されず、なにものからも自由でありながら、人間らしい危うさ、不完全ゆえに美しい、そんな感覚を大切にするジュエリーブランドHABANES HABANERA。もともと画家である林は、枠にとらわれず幅広く活動する。とことんこだわる彼は、現在地元浜松にて綿花栽培も行い、日本のデニム業界の巨匠とともに、伝説的なミシンを使用した究極のデニムを近日発表する。今回も3月11日以降、何かできないかと考え、仲間と共に全国の方に向け本の寄付を募り、6月上旬に石巻市の小中学校に本を届け現状を見てまわった。
http://hanbanehabanera.com