ART COMPLEXについて

コンセプト

ART COMPLEX は、「アートを切り口に、新しい価値観を創造する」をコンセプトに活動しています。 劇場運営・技術スタッフの派遣を主軸とし、アーティストの表現活動をサポートすると共に、自らもイベントの企画・運営を行っております。 創造の楽しさ・素晴らしさをより多くの人々に認知して頂けるよう、今後とも様々な試みに取り組んで参ります。

GEAR
GEAR
プロジェクションマッピング
プロジェクションマッピング
舞踏館 BUTOH-KAN
舞踏館 BUTOH-KAN
ワークショップフェスティバル・ドアーズ
ワークショップフェスティバル・ドアーズ
コンドルズ合宿ワークショップ
コンドルズ合宿ワークショップ

グループ概要

会社名 リッジクリエイティブ株式会社
代表取締役 小原啓渡(こはら けいと 昭和35年5月4日生)
資本金 1,000万円
所在地 〒604-8082 京都市中京区三条通麩屋町東入弁慶石町56 1928ビル4階
創立年月 平成10年5月26日
従業員数 17人
事業内容 文化芸術施設の管理・運営
アーティスト専用宿泊施設の管理・運営
公演・イベントの企画・管理・運営
文化芸術事業コンサルタント
音響機器・照明機器・舞台設備レンタル
技術・制作スタッフ派遣
情報誌・書籍及び印刷物の企画・出版・販売
関連会社 リッジクリエイティブ株式会社
ギア株式会社
株式会社アートコンプレックス
有限会社一九二八
アートサポート協同事業体

グループ沿革

1998年 「リッジクリエイティブ株式会社」設立
1999年 元・毎日新聞京都支局の近代建築を改装し、劇場「ART COMPLEX 1928」をオープン
「有限会社1928」設立
2001年 ロングラン公演を視野に、小劇場では稀な1ヶ月の公演開催(電視游戲科学舘)
2003年 京都西陣にてアーティスト専用宿泊施設「AIR京都」オープン
証券会社と連携し、ファンドによる第一回ロングラン公演(キュピキュピ)を開催、12%の配当を出す
2004年 ファンド導入による2度目のロングラン公演(電視游戲科学舘)を開催、8%の配当を出す
京都『三条あかり景色』開催、プロジェクションマッピング事業を開始(以降05年、07年開催)
大阪の名村造船所跡地にてアートプロジェクト『NAMURA ART MEETING ‘04-’34』初開催(以降05年、07年、08年、09年、12年、14年、16年開催)
2005年 「株式会社アートコンプレックス」を設立し、大阪福島にサロンをオープン
名村造船跡地にアートスペース「BLACK CHAMBER」をオープン
『コンドルズ合宿ワークショップ』プロデュース(’05年より’14年まで開催)
2006年 「有限責任事業組合アートサポート」を設立し、指定管理者として「大阪市立芸術創造館」の運営開始(~現在)
2007年 芸術創造館にてワークショップフェスティバル『DOORS』初開催(07年以降毎年開催〜現在)
名村造船所跡地を「クリエイティブセンター大阪(CCO)」とする
名村造船所跡地が経済産業省から「近代化産業遺産」の認定を受ける
2008年 「AIR京都」を大阪に移し、アーティスト専用宿泊施設「AIR大阪」オープン
CCOにてライブイベント『BAKUTO OSAKA』プロデュース
2009年 京都国際マンガミュージアムにて『まちデコ』プロデュース
「水都大阪2009」にて巨大アヒル『ラバーダック』ディレクション
2010年 ノンバーバルパフォーマンス『ギア』プロデュース
「NPO法人ライブエンターテイメント推進協議会」を設立、当日券販売所「Todays Tickets Center」の実証実験を開始
2011年 京都国際マンガミュージアムにて『MACHIDECO INTERNATIONAL』企画制作(以降毎年開催~現在)
京都岡崎『あかりとアートのプロムナード』プロデュース
大阪にて『ソーシャルネットワーク大阪』開局
オランダのアートスペース「NDSM」と連携事業開始(’11年、’12年、’13年開催)
2012年 京都にてノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』ロングラン公演を開始
2013年 「京都府文化ベンチャーコンペティション」において近畿経済産業局長賞、京都銀行賞ダブル受賞
2015年 『ギア-GEAR-』をロシアへ輸出、モスクワにて6ヶ月のロングラン公演実施
2016年 日本初の舞踏専用劇場『舞踏館』オープン
「ギア株式会社」設立
2017年 『ギア-GEAR-』が日本オリジナルコンテンツでは初のロングラン2000回公演突破!
『ギア-GEAR-』千葉公演スタート
 

過去事業

 
PAGE TOP